娘とは

【妻のターン】


 土曜日。5時。


「起きろ―――――――っ!!!」


 娘がベッドで爆睡してる夫に馬乗り。耳元で爆音を響かせる。


「……」


 さ、さすがに起きないな。昨日帰ってきたの、深夜1時過ぎ。


「遊ぼー! 遊ぼー!」


 そう言いながら、殴る殴る……夫の腹をバンバンバババン。


 お、恐ろしい……我が子ながらその容赦のなさ……幼いとは、なんと残酷なことか。


「……遊ばない」


 あっ、拗ねた。


「遊ぼー遊ぼー遊ぼー遊ぼー!」


 髪の毛をギュンギュン。問答無用で引っ張り続ける娘。


「……ふははははは、こちょこちょこちょ」


「きゃああああはははははははっ」


 睡眠をあきらめて、秘技『くすぐり攻撃』で応戦。娘の体力を奪いに行く夫。


                 ・・・


 2時間後


「……」


「遊ぼー遊ぼー遊ぼー遊ぼー!」


 グロッキー。幼い子どものエネルギーを甘くみて逆にやられるおっさん。


「……里佳さん、どうか、助けてはいただけませんか?」


 死にそうな声で、手をこちらに差し伸べる。その背中には、漏れなく娘が馬乗りになった状態で髪の毛をギュンギュン。


「馬―! 走れ馬―!」


 両足で夫の脇腹をバンバン。


 普段、世知辛い世の中を必死に渡っている企業戦士に対し、平気でむごい仕打ちができる娘は、残念ながら、私似だ。


「……」


 まるで、私のお父さんをみているようだった。


「助けてくれー! もーいやだぁ」


「きゃははは。きゃはははは……」


 もがけばもがくほど喜ぶ娘。


 間違いない、この子は相当な、どSに育つ。


「……」


 こうして振り返ってみると、お父さんは大変だったんだろうなぁ。


 だから、バレエ、ピアノ、習字とあらゆるものを習わせてなんとかエネルギーを発散させようとしていたと、お母さんから話を聞いた……結局、続いたのはバレエだけだっが。


 その後、私は日々のたゆまぬ努力と美貌で――


「お前全然助けんなぁ! さっきから、全然」


「ああ、ごめんなさい。ちょっと、いろいろ思い出してて。で、なんだったけ?」


「助けてくれよ! 眠いんだよ!」


「あっ、ごめん。これから町内会の用事あるから」


 バタン……







 帰ったとき、夫はリビングの隅で、朽ち果てていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます