そうだ、旅行に行こう(4)

【妻のターン】


 目的地である道後温泉に到着。ここは、漱石さんがこよなく愛したと言われる名泉だ。


「いい街並みだね」


「ああ……ちょっとそこで写真とるか」


 修ちゃんの機嫌も目的地へ到着してスッカリ直った。引きずらない性格の夫でよかった。


「はい、チーズ」


「……なんで、俺が撮る側なんだよ。すいませーん、写真撮ってもらえますか?」


 すかさず、ツッコミを入れてくれる夫は、やはり優しいと思う。


「「はい、チーズ」」


 パシャ


「……もう、一枚撮りましょうか?」


 通行人の方が提案してくれる。


「んー、どう修ちゃん? 私はいいと思うんだけど」


「……ええっ、まあよく撮れてるんならーーってお前の手で俺の顔隠れてんじゃねーか! せっかく時間割いて好意で撮ってくださってるんだ。時間取らせず、真面目にな」


 と、ガチ説教くらう。そんな極めて常識人の夫が大好きだ。


「はーい、ごめんなさい」


 通行人の方に深々とお辞儀。


「いえ、楽しそうでうらやましいです」


 そう笑ってくれる、いい通行人キャラの通行人の方だった。


 気を取り直して散策再開。


「たまには、こんなのもいーなー」


「そーだねー」


 子供ができてからは、そういえば2人きりの旅行はなかったかなぁ。こうして歩いていると、少し昔のことを思い出してしまう。


「そう言えば、この時期、富士山登ったよね」


「ああ……懐かしいよな。サプライズで急だったから俺だけサンダル、半袖で登らされたっけな」


「……と、鳥取砂丘も行ったよね」


「砂漠で取り残された時は、死ぬかと思ったな」


「石見銀山……」


「本格的に迷子にさせられて、行方不明になって、ニュースに載ったときは、マジブン殴ろうと思ったけど」


 ごめんー! 今、考えると非常にごめんー!


「フッ……認めたくないものだな。若さゆえの過ちというものを」


「……謝れ、シャア=アズナブルに土下座しろ」


 夫の目は、マジである。


               ・・・


 旅館へ到着。築50年以上経っただろう風情ある建物。


「……なかなか趣があるな」


「も、もうこのレベルはボロボロと言ってもいいんじゃ……」


 そう言いながら2人で中に入ると、鬼婆みたいな女将さんが来た。


「ようこそ、一刻館へ」


 しょえ―――――、怖い―――。


「え、ええ。こんばんは。よろしくお願いします」


 夫も心なしか、少しおびえた様子。


「な、なんか。おばけでそうだね」


 部屋への案内中、夫に囁くと掌をギュッと握ってくれる。


 ……こーゆーとき、カッコいいんだよなー。


 部屋に入ると、ゾワリと悪寒が。なかなか雰囲気漂った感じだ。


「では、ごきげんよう」


 そんな怖すぎる一言を残して、退出する鬼婆女将。


 はわわわっ、どうしよ……怖い、怖すぎる……


 なんとか、安心しなくては……


「ちょっと待って……修ちゃん」


「ん? どうした?」


 肩を、サッサ


「……これでよし」


「えっ、どゆこと? 今……え?」


 慌てふためく夫。当然、霊感などない。


 でも……そんな怖がってる夫を見てると……安心する悪いわ・た・し。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます