そうだ、旅行に行こう(2)

【妻のターン】


「んーっ! よく寝た」


「……だろうな。ずっと寝てたもんなお前……最初の10分以外ずっと」


 気のせいだろうか……夫が怒っているような気がする、いや気のせいであろう。


「そろそろ……養老サービスエリアかぁ。ねえここ『たません』が有名なんだってー」


「ふーん」


 不機嫌そうな反応。


「えっ、修ちゃん怒ってんの?」


 ツンツン。


「怒ってないよ、別に」


「そう。でさあ、フワッフワなんだってその『たません』。ねえ、買っちゃお?」


「……買えば」


 ま、間違いない。これは、怒ってますアピール。


「ねえ、修ちゃん怒ってんの?」


 ツンツン。


「……別に」


「ねえ」


 ツンツン。


「ねえねえ」


 ツンツン。


「……あー! 怒ってるよ滅茶滅茶不機嫌だよ! なんで、出発10分で熟睡? どんだけ寝つきいいんだお前ってやつは!?」


「昨日が……楽しみ過ぎて眠れなかったの」


「嘘つけバカ! 俺が帰ってきたら、もうすでにベッドでご就寝だっただろ」


「で、でも……帰ってきたの23時でしょ? 普通寝てるって」


「俺は寝たの、0時なの! 仕事だったの!」


「私も寝たの22時59分だから、似たようなものじゃない」


「嘘つけ! いや、いいよ。寝るのはいい。むしろ、助手席には『寝てもいいよ』と積極的に言うタイプだよ俺は。でも、もう少し……出発10分で寝るって! 2曲しか歌ってないじゃん! 俺だって眠いのに……いや、俺の方が眠いのに!」


 要するに、もっと楽しみたかった、ということですか。


「はぁ……しょうがないな。じゃあ、サービスエリア入ったら、ギューってしてあげるね」


「な、なんなんだそれは。俺はそう言うことを言ってるんじゃなく――」


 そう言いながら少しトーンが落ちる夫を可愛いと思う。


「してほしくないの?」


「……いや、してほしくないかどうかで言ったら……してほしいけど」


「じゃあ、するね!」


「……お、おぅ」


 ああ……なんて、素直な、夫だろうか。


                ・・・


 養老サービスエリアに到着。


「じゃ、じゃあ……」


 待ち構える夫。


「その前に、たませんたませんー」


「……俺、買ってやろうか?」


 や、優しい。優しくてアホ。


             ・・・


「じゃ、じゃあ……」


「うん、わかった。するねっ!」


 えいっ!


痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛いだだだだだだだだだだだっ! な、なにすんだ!?」


「えっ? 雑巾絞り。目覚めたでしょ?」


「……ああ、覚めた」


「よかったぁ! じゃあ、気を取り直して、出発進行ー」


「お前にもやってやるよ」


「えっ……いや、私は……ちょ……」


 痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛痛いだだだだだだだだだだだ――――っ!








 出発後、2人の腕はパンパンだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます