作者 衍香 壮

14

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この小説を『純粋』と書かれたカードだとしましょう。
では、その裏側にはいったいどの様な絵柄が描かれているのでしょうか?
天使なのかもしれなければ、悪魔なのかもしれない。
幸いにして不幸。狂気故の純粋。
きっと、このカードを捲る時、あなたもそう感じてしまうのでしょうね。

Good!

最初からなんだか仄かにテーマとして暗い印象があるのがわかって読んだのですが、これはなかなかにサイコパス的要素を感じて読了後ゾクリ、としました。
万人にお勧めできるかと言われると作者様のおっしゃる通り難しいのかもしれませんが、ち密な文章は読んでいて「美しい」と思ってしまうほどでした。
何も変わらない彼、怖いですね。