アオギリズム Ⅰ

作者 青切

かみさまのいない天国」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 僕は無神論者ですね。
    色々な神話学者や、宗教学者の本を読みましたけど、
    世界中の宗教や神話に、出てくる神は、人間が自然を神聖化して、
    神としたというものでした。
    自然=神という図式ならば、自然を破壊して、汚染させていく人間は、
    神の敵として、神罰が起きて、人類は滅亡するというのが、
    僕の考え方です。
    これだけ、自然を破壊したり、環境汚染が進んでも、
    人類に神罰が下らないというのは、神はいないということだと思います。

    作者からの返信

    お久しぶりです。
    私はさいきん、ドラゴンクエストビルダーズ2がひと段落しました。
    (あまった時間で、カクヨムの更新をふやしています)。

    神さまについてですが、いるのかいないのか、いるのならばどういう存在なのかは、私たちにはわからないので、何とも言えないです。
    まわりに迷惑をかけない範囲で、本人にプラスに働くのならば、好きな神さまを信じればよいように思います。

    宇宙の広さからみれば、地球などは小さな石ころですらなく、さらにその表面などは微々たる存在にすぎません。
    私たちが、土くれの中にいる、数十億の微生物に関心をもたないように(そこでも生存競争や環境破壊が起きている)、神様も私たちに関心がないのかもしれません。

    2019年3月10日 11:25