◆Bad END◆   嘘の代償

「……私はパンプ王国の田舎から来た、ただの――」


 そう答えた瞬間、ドサッと何かが落ちる音がした。


 どうして、視界が横になってるの? 目の前にあるのは、床……?

 もしかして私、倒れちゃったの?


 立たなきゃ。……でも、力を入れたいのに身体が動かない。首すらも動かせなくて、視界も変えることができないよ。


 椅子いすを引く音がして、靴と床がなるコツコツという音が近づいてくる。私のそばに誰かが立つ気配がした。


「やはり、あなたも何者かに差し向けられた間諜かんちょうでしたか」

「……」


 間諜かんちょうって……スパイってこと?

 違うって言いたいのに、唇が動かない。まるで何かに固定されたみたいに、少しも意思通りにできない。


 何が、起こってるの?


「どこの手の内の者かは知りませんが、今回のはいただけませんね。悪趣味が過ぎます」


 今まで聞いてきた彼のセリフの中で、一番冷たい声色。私からは見えないけど、彼の瞳も氷ってしまいそうなくらいになってるのかな?


けがらわしいので、今すぐにでも処分したいところです」


 処分? 処分って、なに……?

 もしかして、殺されるってことなの?


 聞きたいのに、口からは声にならない息しか出ていかない。身にせまった恐怖に、背筋が寒くなる。


 「まさか」とか「ありえない」って思うのに、それを強く否定できない私がいる。


「……しかし、あなたはあいつのお気に入りです。なので、下手に手を打つと、尋常じんじょうでない被害がこちらへおよびます。全くもって、厄介なこと極まりありません」


 あいつ? あいつって、誰……?

 わからないことが多くて、混乱する。心なしか頭の中がボンヤリしてきたような。


 レイモンドさんは不服そうな声で、悪態をついている。


「……なので、それを逆手に取ることにします。あなたの身柄はあいつに引き渡すことにしましょう。それならば彼も満足する上、不穏分子を二度とこちらへ近づけるようなこともないでしょう」


 待って。話に出てきた『あいつ』って? 誰のことなの?

 私を引き渡すって、どういうこと?


 ……私はこれから、どうなっちゃうの?


「それでは、ご機嫌きげんよう」


 レイモンドさんのあいさつと同時に、バチンと電源を落とされたみたいに何も見えなくなって。耳からも音が入らなくなった。

 その一瞬の後、私の意識も闇に落ちていった……。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます