第5話    「なにか言いたいことでも?」

 騎士舎に来てから仕事の内容を把握するのに忙しくて、あっという間に1週間経った。


 家政婦って言っても、やることは前の使用人の見習いのときと同じ。

 ただ、洗濯と食事の量は違うけどね。


 ここ、騎士舎には約70人の騎士の人達が住みこんでる。


 初めて聞いたとき、人数が少ないって感じた。気になって、家政婦長のヒルダさんに理由を聞いたんだけど、他にも独身の人はいるみたい。

 例えば貴族出身の人は王都内に敷地を持ってるから、そっちから職場に通うんだって。

 でも、洗濯も食事も出してくれるし、敷地内に訓練所もあるし、職場から近くて費用も安いから、大体の未婚の人はここに住むみたい。


 洗濯しなきゃいけない物の量と、食事の量がたくさんなのは大変だけど。なんとか仕事にはついていけてるって思う。


 あ、でも。一番助かったのは、洗濯しなきゃいけないのはタオルとか下着だけってことかな。

 服のほうは、王城に洗濯専門の使用人がいるから、王城のシーツとかと混ぜて一緒に洗濯しちゃうんだって。大型の洗濯魔道具を使って一度にするみたい。

 経費とか人件費削減のためかな?


 と言っても、70人分のタオルと下着の洗濯も十分大変なんだけどね。


 手作業で洗濯板を使っての作業も、力労働で疲れちゃう。洗濯板に桶のセットなんて、家庭科の授業以外で初めてみたよ。


 洗濯が不慣れなこともあって、私はそっちの担当にはあんまり回されない。

 むしろ食堂の厨房のほうに主についてくれって言われてる。


 「食堂に私がいる方が士気しきが上がるから」って言われたけど……どういう意味なのかな?


 なにはともあれ、頑張っていかなくちゃ。



 ◇◇◇



「リオンちゃーん! カウンターに日替わり定食一つ! 頼んだよ!」

「! っは、はい!」


 料理長のベティさんの差し出されたお盆を受け取って、カウンターに運んでいく。

 今日の日替わりは、朝告げ鳥のソテーがメインの料理。皮がパリッと焼きあがってて、香ばしい匂いが食欲をそそる。付け合わせのスープもパンも。


 おいしそう……! 口からよだれが出ちゃいそう。


 違うメニューだろうけど、今日のまかないもすっごくおいしいんだろうな。


「お待たせしました。日替わり定食です」


 注文受け取り用のカウンターに載せると、料理を待ってた騎士の人が切羽詰まった様子で話しかけてきた。


「あ、あああの! クガさん!」

「……? はい」


 どうかしたのかな?

 ……まさか、私、注文間違えちゃった?


 でも、それにしても、様子が変だよね。彼、勢いよく唾を飲み込んで、焦りの感情しかないから。


「その! もしよかったらなんですけど、俺と――」

「『俺と』?」

「!!!? っひぃ!?」


 発言を遮ったのは、低いけど透き通った声。声の主の彼の、タレ目がちの中の空色の瞳がスッと細くなってる。

 私と目が合って、彼、ハーヴェイさんはニコッと笑った。


 ハーヴェイさんが肩に手を置いたのは、さっきまで慌ててた男の人だった。


 満面の笑みを浮かべたまま、ハーヴェイさんが優しくささやいた。


「それで? 第二部隊のジム・フーカー? あんたのさっきの言葉の続きは?」

「!!? っい、いや……その…………」


 ? この男の人、急に顔色が悪くなったけど、どうかしたの?

 真っ青になっちゃってるなんて、今からご飯なのに大丈夫かな? 


「ん? 遠慮すんなよ。言いたいことがあったんだろ?」

「すみませんでしたぁあああああ!! なんでもないですぅううううっっ!!」

「……あ」


 行っちゃった。ご飯が載ったお盆はしっかり持って行ってくれたけど、あんなに走ったらスープがこぼれちゃうんじゃないのかな?


 何だったのかな?


「ハーヴェイさん」

「よ。久しぶりだな、クガ」


 カウンターに肘をついて笑いかけてきた。数日前に会ったばっかりなのに、変なの。


 ここ、騎士舎の食堂は騎士団の駐在所から近いことから、昼食はここでとる人達が多い。もちろん、ハーヴェイさんもそのうちの一人で、毎日ここで食事をとってる。

 でも、私と頻繁に会うってわけでもないよ。接客じゃなくて厨房で働いてるときは、ハーヴェイさんが来ててもわからないからね。


「久しぶりってほどでも、ないと思いますけど」

「んなこと言うなよ。クガに会いたくて会いたくて仕方なかったんだからな。ここ数日の会わない日は、本気で心が枯れるかと思ったぞ」


 嘘ですね。

 首をすくめて嘆いてみせてるけど、それ、単なる建前で事実はそうでもないよね?


「同じこと、一体何人に言われたんですか?」

「うっわー……さすがに正面切って、誰にでも言ってる発言はしないでくれよ」

「? 違うんですか?」

「…………いや、まぁ」

「……」

「んなシラッとした目で見んなよ」


 しどろもどろと要領がない返事だから、きっとそうだよね。

 わかってるから、べつに隠さなくてもいいのに。


 ハーヴェイさんが女性にだらしないことくらい、わかってるよ?

 むしろ今更感があります。


 コホンと取り成す咳ばらいをしてみせたハーヴェイさんは、いたって気まずそうだった。私はそうでもないんだけど。


「んで。仕事にはもう慣れたか?」

「……たぶん、少しは?」


 自信はないけどね。

 でもさすがに、働き始めて今日でもう1週間くらい経つから。


「そうか。何かあったらいつでも言えよ?」

「……それ、前にも言われましたよ」

「あー? そうだったか?」


 とぼけられたけど、絶対言われたよ。こんな念押しするみたいに言うなんて、ハーヴェイさんは心配性なのかな。


 私の頭に手が置かれるのも、前と同じ流れ。

 厨房では料理に髪の毛が混じったりしないように、一つにまとめてたのに。それも乱れてグシャグシャになっちゃった。


「っ! ボサボサになっちゃうので、ちょっと……」

「べつにいいじゃん? ほれほれ」

「わぷっ!? あ、あの……!」


 なんだか、前と違って撫で方が荒い気がするよ。

 おまけにやめてもらおうとしたら、もっとひどくなっちゃった。


「ルイス、オメエなぁ……」

「あ、隊長。今から昼ですか? 奇遇ですねぇ」

「……! 隊長さん、こんにちは」

「おう」


 横から現れた隊長さんと目が合った。

 けどすぐに逸らされて、隊長さんはハーヴェイさんをジロリと睨みつけた。


 物言いたげな隊長さんの視線を受けて、ハーヴェイさんは撫でる手を止めた。

 この間に髪を結びなおしとこうっと。今はクシを持ってないから手でスッとすいて整えとく。


「なにか言いたいことでも? 隊長」

「…………いや」

「?」


 どうしたのかな、隊長さん。冷めた目でハーヴェイさんを眺めてるけど。

 ハーヴェイさんはハーヴェイさんで、その視線を受けても微笑んでるし。


 なんだか、私の知らないところで分かり合ってるみたい。


「あの?」

「なんでもねぇ。……気を強く持てよ、クガ」

「え?」

「ルイス、テメェはほどほどにしやがれ」

「何のことですか?」


 気を強くって……どういうことなのかな?

 ハーヴェイさんはふくみ笑いをして、隊長さんは疲れた様子でため息をついてるけど。なにか悩み事?


 気になるけど、とりあえず。


「……注文、何にしますか?」

「俺、日替わり定食で頼むな」

「はい。隊長さんは?」

「同じので構わねぇ」

「わかりました」


 二人から注文を取って、私はベティさんに聞えるように言った。


「日替わり定食二つで、お願いします!」


 私は私のできることを、こなしていかなくちゃ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます