◇第3章 ルイス編◇   先輩に似た彼はチャラいです

第1話    「ホントか!?」

「あえて選ぶんだったら……ハーヴェイさん、かも」


 クロウの言葉でパッと浮かんだのは、ハーヴェイさんの顔。


 思い返せば、彼との出会いは私の勘違いからだったよね。

 今も、『ハーヴェイさんの顔』って感覚より、『先輩と似てる人の顔』って印象の方が強いよ。


 ……こんな考え方だと、失礼だってわかってはいるんだけど。


 この世界で、元の世界の記憶を呼び起こすのは、彼の顔しかない。


 ハーヴェイさんと会うと、まるで先輩に会えたみたいで安心もするけど。同時に、悲しくもなる。

 だけど、会わないとその分、不安になる。


「……いましめか。彼を選んだのも、お前の定めだろうな」

「え?」


 いましめ? それって、どういうこと?

 クロウは瞳を一度閉ざしてた。そして、ゆっくりとまぶたを上げると、その黒い瞳が私をとらえた。


「……選択はされた。お前がもたらす終焉はいずれ迎える」

「……!」


 また、よくわからない謎を投げかけておいて。クロウはバルコニーから身を投げた。

 だから、ここは2階なのに!


 闇夜に姿を消した彼は、現れたのと同様に去り際も何も言わなかった。



 ◇◇◇



 次の日。

 私はさっそく、街に出てハーヴェイさんを探してた。


 いつも会う場所にいなかったら、騎士の駐在所ってところへ行けばいいのかな?


 ……でも、毎回毎回会えるからって、今日も会えるなんてそんな都合の良いこと――


「お、クガじゃん! どうしたんだ、こんなところで」

「……あった」

「は?」

「……いえ、なんでもないです」


 遭遇率高すぎだよ、ハーヴェイさん。

 パタパタを両手を振ってみせると、不思議そうな顔をしてたハーヴェイさんが笑った。ニカッって表現が合いそうな爽やかな笑顔。


 ……本当に、先輩とソックリ。


「あの……この前の、騎士舎の家政婦の件なんですけど」

「おう。……やっぱり、ダメか?」


 ? どうして、そんなガッカリしてるの?

 断られる前提にとらえられてるなんて、なんでなのかな? 私はむしろ逆に、雇ってほしいから話しかけたかったのに。


「いえ、あの。……お願い、できますか?」

「!」


 私がそう答えた途端、とっても明るい笑顔を浮かべてくれた。


「ホントか!? ホンットーに、いいんだな!?」

「え? あ、あの……」


 どうして、こんな食いつきようなの?

 こっちとしては、動揺もしちゃうしなんだか怖くもなっちゃうんだけど。


「いや、本気で困ってたんだよ! 部屋を出ても筋肉、職場行っても筋肉、食堂行っても筋肉、浴場行っても筋肉……。むさくるしくて汗で酸っぱ臭くて、涙が止まらなかった日々!」

「……筋肉?」


 そういえば、騎士には女子がいないんだって言ってたような。

 でも、そんなに泣くほど? オーバーな表現……じゃないみたい。だって、現に今だって、話しながら泣きそうになってるし。


 ……そこまでの職場環境なの?


 精神的に追い詰められるなんて、ハーヴェイさん、大変だったね。


「おかげで俺としては、夜な夜な娼館でボンキュッボンなお姉さんにいやしを求めるしかなかった! 夜も地獄で過ごすなんて、きつ過ぎるぞ!」

「…………最低」


 前言撤回します。ハーヴェイさん、随分と充実した毎日を送っていますね。それなら、べつに今の職場で大丈夫だと思います。

 むしろ、つり合いがとれて、いいんじゃないのかな。


 私からの冷めた視線と軽蔑を込めた一言に気づかないハーヴェイさんは、さらに言葉を続けた。

 「けどな!」なんて両手を広げて天を拝まないでください。周囲の通行人が距離を置いてることがわからないんですか。


 ……私も他人の振りをしてもいいかな?


「そんな毎日も、これでおさらばだ! 女の子が同じ宿舎にいる。それだけで、俺は生きていける!」

「……」


 そんなことを言って、娼館通いはやめないんだよね。わかるよ、その未来が見えるよ、ハーヴェイさん。

 それと、先輩と同じ顔でそんなこと言わないでもらえますか? まるで彼がけがされたみたいで、心底嫌です。


 清々しい笑顔でハーヴェイさんは私に手を差し伸べてきた。


「ともかくクガ! これからよろしくな!」

「…………考え直しても、良いですか」

「!? なんでだ!?」

「自分の胸に手をあてられたらどうでしょうか」


 むしろこれで、快諾かいだくするほうがどうかしてますよね。

 鼻白んでしまった私は、後悔してた。……どうして、ハーヴェイさんにお願いしちゃったのかな。


 明らかに失敗だったよね。


「な、どうしたんだ!? 急になんで意見を変えたんだ!?」

「…………はぁ」

「無言で無視か!? しかもため息かよ!? 答えてくれよ、おいっ!!」


 うるさいです。



 ◇◇◇



 ……この後。本当は取り消してそのまま帰りたかったんだけど。

 大泣きしかけたハーヴェイさんに引き留められて、根負けした私は、最初の予定通り騎士舎の家政婦に勤めることになってしまった。



 …………うん。間違えたかもしれない、私。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます