星の無い場所から

作者 莉々

7

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

環境とか、状況は全然違い、驚いたり、感心する内容もありますが、共感してしまう記述もいくつかありました。
冒頭から入る田舎の光景には、都会育ちで田舎に無縁の私からすると新鮮で、それこそ何かの物語かと思うほどです。

また愛とか恋とかの話ではまるっきり共感し、読んでいて自分でも驚くほどすんなり頭に入ってくるのです。
入ってくると言いますか、私の頭の中を代弁してくれているような感覚に近いと思いました。
そういうわけではないのですが。

その他にも人間関係や祖父母とのことなど、言いたいこと、なんとなく分かります。
でも全部ではないので、やはり人それぞれなのかな、とも。

ただ、一つ言えることとすれば。
貰ったものに対して、お礼を言うのは例え建前であったとしても、当たり前のことだと、私は思います。

★★ Very Good!!

――

星にまつわるエトセトラ。田舎に住む私にとっては他人ごとではない。
この作者の醸し出す雰囲気に、すっかり毒されてしまいそうだ。良い意味で。

追記
愛だとか、恋だとか、数学の公式を解くようなはっきりした答えってなくて、「今あなたは愛を手にしました!」とかはっきり教えてくれる装置もなくって、いつの間にか手に入っているものが実は愛でした、とか、そういうものなのかなと思ってます。無くした時に後悔だけせぬよう。
小説が我が子、というのはよく分かります。