第8話

【恋愛マニュアル→感情泥棒】#2

 グミを守る為に罠を準備した。

偽のロボットを博士に作ってもらった。と、いっても博士も歳であるから、形だけだ。簡単なカラクリだけで、動くことはあっても話すことはない。

本物のグミは、家の金庫に入っていてもらった。1人では寂しいだろうから、ペットのクドリャフカも入らせた。会話ができる様に博士がしたのだろう。とても仲が良い様だ。

3日前に久しぶりに会った、グミを娘の様に可愛がる父も初めは乗り気では無かったのだが、その旨を話すと渋々だが、承知してくれた。

後は、彼が訪れるであろう夜を待つだけだ。

(%)

 恋愛マニュアルだけを持って、彼女に会いに行く。それを毎日続けた。彼女が他の男と付き合っているのも知っていた。

彼女の前では、相も変わらずマニュアルだけを頼りに行動していた。

彼女の髪から始まり、鞄についていたガベルのマスコットまでも褒めた。

一切の劣りはなかった。彼女が恋愛マニュアルを持っていることを知らなかった事以外は。


【語句説明】

•ガベル:裁判官の使用する木槌。(音を立てているもの。)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!