第3話

【プロローグ→少年と魔法のロボット】

#3

 「どうじゃ、これが魔法のロボット。略して魔法ロボじゃ。」

透は博士に呼ばれ、研究所にいました。

「何コレ。それにネーミングセンス無っ。」

「そうか…。落ち込むのう。でも、ロボットは優秀じゃぞ。」

透の目の前には自分より頭一つ分小さいくらいの、小さな女の子型の少しキラキラしたロボットがいました。

「キミが作った音楽を、ワタシが歌い上げるよ。」

ロボットは言います。

「さぁ少年、耳の所のボタンを押すのじゃ。」

透はおそるおそる、音符型のボタンを押しました。

トオルは驚きました。なぜなら彼女が歌を歌い始めたからです。

彼女の声は少し不器用な声でしたが、トオルの落ち込んでいた心と、この街の夜空に響きました。

「なんだか、目から涙が出てきた…。」

「このロボットは、歌とメロディを教えるだけで歌ってくれるんじゃ。簡単じゃろ?」

「僕、これでお父さんに“僕の歌"を認めてもらうよ。」

その日からトオルは毎晩眠りもせず、ロボットと新祭の為に、ドレミファロンドを完成させます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!