• 40meter Mix up

  • 【プロローグ→少年と魔法のロボット】
  • 第2話

第2話


【プロローグ→少年と魔法のロボット】

#2

 「あの少年 、今年も新祭のポスターを見て落ち込んでおる。なぜじゃ。」

博士は、考えます。

「聞いてみる方が早いかの。」

博士は人と話すのが苦手でした。

「でも…人と話すのは…。あの子は私より年下だぞ。それでも大人か。よしっ。よし行くぞ。今行くぞ。おやぁぁ!」

博士はものすごいスピードで少年に突っ込みました。

「うわあぁぁぁ。何コレえぇぇ!」

博士は少年に激突しました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 「だいじょうぶか。」

一時間くらい経ち、少年は博士の研究所で目を覚ましました。

博士が少年になぜポスターを見て落ち込んでいるのかを尋ねると少年は、人前で歌うことが怖いと答えました。

「そうか…。任しとけ。この博士がなんとかしてやろう。」

自分も人と喋ることが、出来るようになるきっかけになると思ったのです。

この日から博士は、毎晩眠りもせず、ロボットを少年のために作ります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!