第42話

 崩れ落ちる鉄板やパイプの雨を潜り抜けて、神月道悟みつきどうごは白衣の内側に仕込んだ筒状の端末に灰色のメモリースティックを差し込む。


 彼の娘が命がけで搬送した対話装置、『聖櫃』である。現実に重なる仮想空間に、無骨な形をした鉄製の箱が浮かびあがり、道悟の指先に触れた。

 その直後、箱は拳銃リボルバーに形を変える。


 ルートキット。

 電脳世界の開発者にのみ許された、神の道具箱。


 もし、AR兵器と比較するなら、と呼べるだろう。


 拳銃リボルバーの形で視覚化された【ノーマライザ】が、現実と仮想の混ざり合った研究室の内壁に当たる。

 すると、都合よく書き換えられていた部屋の構成が元の姿を取り戻し、壁だった場所に出口が現れた。


『神月道悟。あなたも、わたしを愉しませてくれる』


 グングニルの声が反響する。

 緑色の光を宿した灰色のドールたちが、道悟の進路を妨害した。


『道悟。ドールから生まれたはさしずめ、あなたの孫でしょうか。フフ、そう思えば、叔母を殺してしまったことは少し悔やまれる出来事です』


 道悟は挑発に乗らない。

 彼の周りを無数の浮遊砲台が漂い、グングニルのドールを撃墜していく。


 彼は部屋を出て、廊下を突き進んだ。

 リソースの消耗を狙ってか、グングニルの軍勢は果敢に特攻を仕掛けるも、それらはみな最低限の攻撃で瞬時に無力化される。


 電脳戦において、神月道悟の強さは学徒達の比ではない。

 文字通り、別格である。


 廊下の先、彼は少し開けた空間に出た。マップを見る限り、中央にある扉は周防学院のコントロールルームに直通している。


『道悟。一つ良いことを教えましょう。この扉のロックを解析するのに、わたしは少しの時間を要しますが、あなたの持つを使えば一瞬で開くことができます』

『道悟。わたしはそのカギをもらいたい。あなたは、わたしを殺したい』

『道悟。つまりは、こういうことです。わたしたちは、ここで決着をつける必要がある』


 神月道悟は、眉一つ動かさず端末に次のメモリーを差し込む。


 ルートキットから第二の武器【フィクサー】がボウガンの形で具現化された。


「口だけは達者になったものだ。だが、その本質は変わっていない」


 道悟は、一方的に決闘の火蓋を切って落とす。


 ボウガンの矢が、一躯のドールに向けて放たれた。

 空を切る音と共に真っ直ぐ部屋を横断し、矢はドールの頭部を貫通して壁に突き刺さる。すると、貼り付けになったドールの裏側から滲み出るように網目状の緑色をした道が現れ、壁にそって広がっていく。


 次々と、ドールが見えない力に引っ張られて張り付けになる。

 グングニルを構成するニューラルネットワークを逆に辿っているのだ。


『グッ……』

「スーパーノードを基点とした多体フレームワーク。だが、身代わりの多さは、侵入経路の多さになる」


 貼り付けにされる無数のドール達の中に、全身が一際輝く、別の色のドールが現れる。ワインレッドの粒子をばら撒きながら苦しそうに悶えるそのドールは、スーパーノード──全てのドールを連ねる、司令塔だ。


「ここまでだ、グングニル。私の娘たちドールと共に、消えるがいい」

『やめてください、道悟。わたしは──』


 ルートキット【イニシエイター】。

 死の枷をもってドールを初期化する、聖櫃の毒。


 道悟は、最後の引き金を引いた。


 スーパーノードの光が無色に染まっていく。

 それは網の道を辿って、部屋中のドールに伝播する。


 グングニルが生存しようとするたび、そのドールは毒に侵され、死んでいくのだ。そうして東京に存在する全てのドールが失われたとき、グングニルは完全に消滅する。


 精一杯抗うように暴れるドールたちはやがて動きをゆっくりと止め、生命の灯を落とすように光を失う。


 無数のモーター音がフェードアウトするように闇に沈み込み、そして、静寂が訪れた。


「……終わった」


 道悟は踵を返し、コントロールルームへの扉を後にする。



 ズン、とその背中を、鈍い痛みが貫いた。


「くっ……はっ!?」


 純白の衣が血で染まっていく。

 投擲された鉄片。扉の前を陣取るように仁王立ちする、規格外の巨大ドール・ケンタウルス。その瞳は、スーパーノードを示すを帯びている。


『やめてください、道悟。わたしは、もはや単一の命を持たないのですから』


 彼の前に、複数のドールが集まってくる。それらは、網目の外──もう一つのグングニルによってコントロールされた、新たなネットワークの守護者。


 否。、ですらないかもしれない。


 一つの生命体に、一つの生命。

 それは、有機生物だけにもたらされる法則だ。一つの生命体が、自由に分裂・合体できる複数の生命を持つという可能性も、電脳世界でなら生まれ得る。


『神月道悟。あなたは電脳世界を超える存在だが、人間でしかなかった。わたしは電脳世界の中でしか生きられないが、人間を超える存在になった。奇妙なパラドックスです』

『道悟。わたしは惜しいです。ドールだけでは、まだ自由に人間を殺す力がない』

『道悟。わたしの勝ちです。わたしはグングニル。わたしは、人を超え、そして宇宙そらを飛び、世界中で生き続けるのです』


 コントロールルームの扉が独りでに開き、ドールたちがそこへ向かっていく。


 道悟は力なく壁にもたれかかり、座り込んだ。遠くから聞こえる最後の希望の足音は、既に彼の耳には届いていない。




 周防学院、B4F。

 子供達は、最深部へと辿り着く。


 グングニルの操作していたであろうドールの残骸が至る所に散らばり、激戦の跡を残していた。長い廊下の先に少し開けた場所があり、その奥に、コントロールルームへの扉が見える。


 彼らは歩みを止めた。

 そこら中に積み上げられたスクラップの山の中に、壁面にべっとりと血糊を付け倒れこむ、一人の白衣の男性を見たからだ。


「お父さん……!?」


 イコナが押し殺した悲鳴をあげ、駆け寄る。

 白衣の背中は、真っ赤に染まっていた。


「駄目、動かさないで。アメノ!」


 茅乃の呼びかけにアメノが応え、点滅する瞳から不可視の光線を発する。


『生体スキャン完了。背部裂傷26ミリ。左大腿骨骨幹にヒビ。全身に電流起因の痺れあり』

「良かった……命に別状はないみたい」

「恵理が救護ボックスを持ってる。彼女を呼ぼう」と真鈴。


 道悟が小さく咳をして、意識を取り戻す。

 ゆっくり顔を上げて、ひび割れて曇った眼鏡越しに、イコナの顔を認識したようだ。


「イコナ……か。面目ない」

「喋らないで。救護を呼んでるから」


 道悟は苦しそうに表情を歪めながら、懐をまさぐり、血塗れた灰色の筒を取り出す。


「グングニルは……この先にいる。これを持っていけ」

「これは……」


 聖櫃。

 全ての元凶であり、きっと全てを終わらせるための鍵。


「お前に託す。使い方は、お前自身が決めろ」

「……わかった」


 イコナは立ち上がり、仲間たちの方を向く。

 真鈴と視線を合わせ、お互いに頷く。


 これ以上の言葉は要らないだろう。この扉の先に全てが待っている。


 アメノの解錠が終わり、エアーピストンの音が響き渡る。

 鋼鉄の扉が緩やかにスライドして上に開き、コントロールルームへの入り口が今、開いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます