呼ばれ、呼ばれ、呼ばれ1

「これは少々厄介ですねえ……フヒッ」

 迫りくる魔物を目の前に、赤絵たちはぼやく。

「面倒なだけです。脅威ではありません」

「まぁ、この程度なら問題ないでしょ」

 柳子ちゃんも愛音ちゃんも、余裕綽々といった様子である。あれ、焦ってんのって僕だけ?

 よくよく考えてみれば、それもそうか、と得心する。

 確かに多勢に無勢ではあるが、こちらには、魔女、龍、龍駆りが居るのだ。相手の魔物が上位種の群れといえど、こちらの戦力は、それらを遥かに凌ぐ。連携を乱さなければ、無難に決着するはずだ。

「フヒヒ……赤絵はちょっと詠唱に入りますから……カバーお願いします」

「嫌よ。めんどくさい」

 連携ぇ! 連携したい! 連携したくない!?

 僕の叫びを尻目に、愛音ちゃんは、龍に跨り、単独、敵陣に突っ込んでいった。すげえ。敵が漫画みたいに吹っ飛んでる。

「しょうがない。赤絵は僕と、柳子ちゃんで守ろうか」

 詠唱中は無防備になるから、誰かが守ってやらねばならない。

 と、柳子ちゃんが、

「龍化しますので、少し離れてください」

 そう僕に告げるや、柳子ちゃんの身体がぼんやりと光り始める。

 次の瞬間、その光が弾けたと思ったら、彼女は龍へと変貌していた。

「おぉ……マジで龍なんですねえ……柳子さん……」

 龍化を目の当たりにした赤絵は、目を見開いていた。感情の起伏が乏しい、赤絵でも、これには素直に驚嘆している様子。

「赤絵さんは、わたしといつのさんが守りますので、どうぞご安心を」

「こいつ……直接脳内に……!」

 赤絵の言う通り、龍化状態の柳子ちゃんは、話す際、喋るというよりかは、柳子ちゃん自身から、声が響いていくる感じである。よく見ると、口も動いてないしね。

「龍に守られるなんて何年ぶりでしょうか……フヒッ」

 どこか嬉し気に言って、赤絵は、目を閉じ、詠唱を開始した。足元に幾何学模様の魔術の円陣――通称『魔術陣』が、赤絵を中心に、じわじわと描画され始める。あの陣が描破されると、魔術が発動できる状態になる。

 それは強力な魔術であればあるほど、描画時間は長くなる。あのゆっくりした描画速度から察するに、何か、強力な魔術を使うつもりだろう。

 時間はかかりそうだが、こちらには柳子ちゃんという、破格の守りがある。そんじょそこらの魔物では、彼女にかすり傷ひとつつけられまい。

「正面から多数来ます。下がって」

「了解! って、え?」

 下がれって言われても、あの、僕も一応、守りを任されてるんですけど。

 だが一瞬後、柳子ちゃんの台詞の意図を理解する。

 目の前に広がる、青い炎の奔流。それが扇状に広がり、迫りくる魔物どもを、瞬く間に焼き尽くしていく。

 その青い炎は、龍化した、柳子ちゃんの口腔から放たれたものだ。

 驚きはあった。だって、いきなり口から炎がブワーなんだもの。

 ただ、それ以上に、単純に――

 綺麗というか、神秘的というか……冬の星空のような、そんな煌々とした炎だった。

 少なくとも、僕が見惚れてしまうほどには。

 気が付けば、あれだけの数の魔物の群れが、半壊状態になっていた。早くない?

 というのも、愛音ちゃんは縦横無尽に暴れ回り、あの長大な槍で、複数の魔物を纏めて、倒していき。

 柳子ちゃんは、青い炎で、魔物を大群ごと焼き払う。

 そして――

「フヒッ……描破完了……ぶっ放すので……皆さんこちらへ……!」

 赤絵の言葉に従い、皆が彼女のもとに集う。瞬間、

「古い灰の流星雨――!」 

 赤絵の言葉をスイッチに、魔術が発動する。

 灰魔術師のみが使える上位魔術、古い灰の流星雨。

 始めに目にしたのは、粒子のようなソレだった。

 さらりと舞うソレは、灰色――灰だ。

 その灰が幾重にも数を増やし、拡散し、僕らの周りで渦巻き始める。僕らが立つ、この位置は、台風の目のようだった。

 次に無数の灰が、驚異的な勢いで、上空へと飛翔する。そして、勢いもそのままに、一房の纏まって、それがいくつも敵目掛けて降り注ぐ。 

 まるで灰色の豪雨。

 これを浴びた敵は、ひとたび灰塵と化し、生物として終わる。

 僕の目の前で、今まさに、そんな光景が繰り広げられていた。

 魔物に苦しむいとまも与えず、次々に灰となっていく。恐ろしいのは、その灰となった魔物が、古い灰の流星雨の一部となり、また別の魔物を襲う――そうやって、死の連鎖を引き起こしていくところだ。あれだけの魔物の群れが、瞬く間に半壊した。

 残り20――いや、15体か。

 赤絵が味方であってよかった、と心から思った瞬間だった。

 ……もしかして、このパーティ、僕いらないんじゃなかろうか。

「ふむ。予想はしてたが、これでは余りにも意味が無いな」

 だが――この事態を静観していた、田中さんは、いつも通りの落ち着いた様子だった。

 しょうがない、と彼は肩を竦める。

 この事態は、田中さんにとっては、至極当然の成り行きのようだ。

「君に任せる。さっきも言ったが、を攻撃しては駄目だよ」

 彼……? 僕のことか?

 攻撃してはいけないって、何を言ってるんだ? 何を考えている?

 田中さんの言葉に反応して――先程から、田中さんの傍で控えていた、大きなシルエットが動き出す。

 あれは、まずい。

 明らかにまずい。

 詳細は分からないが、何か、とてつもないものであることは、はっきり判る。

 周りにいる、魔物とは、比べ物にならないくらいの、圧倒的な力量を、肌で感じる。

 息をしただけで、人さえ殺せそうな、そんな、絶望感。アレと対峙した者は、まず間違いなく死ぬと、本能が告げてくる。

 僕では敵うべくもない。だが――

 なら、或いは。

 二階席にいた、大きなシルエットが跳躍、ホールえと降りてくる。

 月明りで明らかになる、そいつの全容。

 まず目についたのは、オールバックの白髪だった。

 獣のような眼光、尖った耳、浅黒い肌。

 男にも見えるが、女に見える、中世的な相貌。

 魔人かと思ったが、そうじゃない――アレはダークエルフだ。

 ならば、意志の疎通はできるはずだ。だが、どう見ても、こちらの言葉に応じてくれる雰囲気ではない。

 だったら、やることはひとつ。

「僕らは、あいつを全力で阻む。だから赤絵――とびっきりのを頼む」

 頼りっきりで申し訳ないが、ここは我がパーティ最大のダメージソースである、赤絵の灰魔術に任せるしかない。

 こいつの魔術なら、勝機を見出せる。

「……悔しいですけど、そうするしかなさそうですね」

「不本意だけどね。めっちゃ不本意だけどね……って何このドラゴン!?」

 愛音ちゃん、横の龍に今更気付いたらしく、なんか騒いでいた。

 柳子ちゃんと愛音ちゃんも、あのダークエルフが、只者ではないことを感じとったのか、どうすべきかの答えは、僕と一緒のようだった。

 僕ら三人は互いに頷き合い、赤絵の前に出る、構える。僕の隣には龍駆りと、龍が居る。これ以上ない壁役だ。これを突破しなければ、赤絵に到達することは不可能。

 しかし、

「赤絵……?」

 赤絵の反応が無い。

 振り返る。

 あんな彼女の表情を、僕は初めて見た。

「そんな……どうして……」

 うわ言のようだった。赤絵は呆然としていて、こちらを見ていない。

 彼女の視線の先。

 そこには、あのダークエルフが居た。

「逃げて!!」

 それは本当に、赤絵から発せられた、声だったのか――そう思ってしまうほどの、悲鳴。

 あまりに咄嗟の出来事で、頭が空転する。

 その合間に、僕の横を、突風が吹き抜ける。

「がっ……」

 何が起こったのか分からなかった。

 気付いたら、赤絵が後方の壁に叩きつけられていて――

「い……つのさ……逃げ……」

 その呻きを最後に、赤絵が地に身体を伏せ、動かなくなる。

 そして、僕らの後ろに、泰然と佇む、ダークエルフ。

 なんだこれは。

 何が起こっているんだ。

 なんで、どうして、赤絵が倒れている? 意味が分からない。誰か説明してくれ。

「……よくも赤絵さんを!」

 次に動いたのは、柳子ちゃんだった。一瞬後に愛音ちゃんもそれに続く。

 柳子はその鋭い爪を、龍に乗った愛音ちゃんはその長大な槍を、ダークエルフへと、振り下ろした。

 ダークエルフは、その場を動かない。

 それどころか、

「なん……!?」

 漫画でも見ているような光景だった。

 驚きの声は、柳子ちゃんたちのもの。

 僕も、恐らく愛音ちゃんも、内心は柳子ちゃんと同意のはず。

「……」

 物言わぬ、そのダークエルフは、柳子ちゃんの爪と、愛音ちゃんの槍を、それぞれ片手で受け止めていた。

 特に驚くべきは、言うもでもないかもしれないが、今の柳子ちゃんは、龍化している。龍そのものだ。

 龍の膂力から発せられる、圧倒的怪力を、身じろぎひとつせず、微動だにせず、こいつは片手で受けたのだ。

 更にそいつは、振り下ろされた腕を掴み、

 振り子のような動きで、柳子ちゃんは、力任せに、床へと叩きつけられる。

「がはっ……!」

 地面が揺れた。

 コンクリート製の床に、クレーターが出来るほどの衝撃。

 龍化しているのが幸いだった。あんなものを人の身で受けたら、どうなるか――

 それでも、甚大なダメージであることには、変わりない。それを示すかのように、柳子ちゃんはそこで、人の姿に戻ってしまう。

「あぐ……うぅ……」

 苦痛にもがいていたが、柳子ちゃんの意識は、確かにあった。

「いつの! ぼーっとすんな!」

 その声で、空っぽになっていた頭に、意識が宿る。

 突然、愛音ちゃんからの叱責。

 だが、一瞬でも、意識をこちらに向けたことが、仇になった。

「あ……れ?」

 片手で彼女の槍を掴みながら、もう一方の拳で、こめかみに一撃。

 愛音ちゃんは、龍から崩れ落ち、昏倒する。

 同時に、龍もその場に倒れこんだ。

 主人と同じく、愛音ちゃんの龍も、あのダークエルフの攻撃をもらっていたのだ――なんらかの攻撃を。

 それを考えるのは、あとだ。

 ほんの数秒ほどで、戦況は暗転し、柳子ちゃんも、赤絵も、愛音ちゃんも戦闘不能に陥った。

 残るは僕一人。

 相手は15体の魔物に、ダークエルフ、そして田中さん。

 どうする――

 この地獄の淵を、どう切り抜ける?

 僕一人で、どうにもならないのは、火を見るより明らか。

 それでも、どうにかしなければならない。

 でも、どうにもならない。

 どうにもできない。

 それだけの力が、僕にはない。

「いつのくん」

 ふと、田中さんの声。

「君は諦めてはならない」

「なに……?」

 この人は突然――何を。

「君が死ねば、ここにいる全員も死ぬことになる」

「っ……!」

「誰も彼も、私が殺す。自分の娘さえも。今それを止められるのは、この世において、君しかいない」

 言って、田中さんは沈黙した。

 彼の言葉噛み締める。

 そうだ。

 僕は戦わなければならない。

 正直、これといった、覚悟や信念も、僕にはないけれど――

 ここで仲間を見捨て、おめおめと逃げ帰るほど、薄情なつもりもない。

 柳子ちゃん、赤絵、愛音ちゃんが死ぬなんてことは、容認できない。できるはずがない。

 だから、絶望しても、諦めはしない。

 心に、闘志が灯り、僕は槍を構え直す。

 すると、

「なぜ」

 次に口を開いたのは、誰だったか。

 初めて聞く声だ。

「なぜ逃げない」

 それは、あのダークエルフの声だった。

「戦えば、おまえは死ぬ。戦っても無駄」

 僕の目の前に立ちはだかる、威容。

「なぜだ」

 何か、意図のある質問なのか――それは分からない。

 気圧されつつも、僕はありのままに答えた。

「……死ぬより嫌な思いをするからだ」

 彼女から、ふっ、という笑い声が漏れた。

 嘲笑ではなく、こちらがこう答えるのを、知っていたかのような、呆れつつも、どこか柔らかさのある笑み。

「変わらないな、おまえは」

「え?」

 今、なんて――?

「凌いでみせろ」

 無機質に、そう告げて。

 彼女は僕に背を向けた。

「待っ――」

 待て、と引き留めようとしたが、それは叶わなかった。

 彼女と入れ替わるように、魔物たちが前に出てくる。

「ご苦労だったね――これで予定通りに、ことを進められる」

 ダークエルフを労い、田中さんは言う。

「まずは三体」

 田中さんの言葉通り、三体の魔物が、僕に向かってくる。

 三体? あれだけの魔物が居るのに?

 意図が読めない。

 僕を殺すのに、三体で十分と踏んだのか――いや、そもそも、僕を殺す気なら、あのダークエルフで事足りたはず。

 彼女が下がり、今になって、僕に魔物たちを向けてくる意味は?

 分からない分からない分からない。

 しかし、けれど、なんにせよ――

 やることは一つ。

 戦うんだ。

 矢弾尽き果てようと。

 

   

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます