魔奧に触れたもの3

 冒険の基本パーティの人数である、四人(+一匹)になった僕らは、田中さんが居るであろう、ドームの中へ入っていく。

 中は真っ暗闇。

 赤絵が何か魔術を詠唱すると、杖の先がぼんやりと光だす。その光を頼りに、僕らはドームの奥を目指した。

 いや、その前にちょっと待って。

「田中さんがどこにいるか分かってないよね? 僕たち」

 この中にいるのは確からしいが、それにしたって広すぎる。闇雲に探すのは時間と体力の無駄である。

「フヒヒ……大丈夫ですよぉ……進むたびに臭ってきますからねえ……このまま真っすぐ行きましょう……」

「臭うって何が?」

 僕が問うと、赤絵は少し嫌そうな顔をした。こいつが、こういう表情を露わにするのは珍しい。

「この世のありとあらゆる、汚物が混ざったような臭いですかねえ……」

 え、何それは……。

 僕の嗅覚は、そんな臭いを感知していない。

「はぁ? そんな臭い全然しないじゃない」

 愛音の言葉に柳子ちゃんも首肯する。

 或いは、臭いとは、何かの比喩なのか。

 この嫌そうな表情から察するに、どうやら本当っぽいが……。

「フヒヒ……まぁ赤絵に着いてくれば大丈夫ですよ」

 どっちにしろ、今頼りになるのは、赤絵しかいない。僕らは彼女に先導される形で、進んでいくことにする。

 朽ち果てたドームの内部は、退廃的で、いつ魔物が出てきてもおかしくないような様相だ。魔物がいるのは明らかだ。気配もあるし、人ならざる鳴き声もする。しかし、どういうわけか、全く姿を現さない。ただただ、見られているような、そんな感覚。不気味なほど、何も起こらない。

「妙ですね……魔物が出てきません」

 柳子ちゃんも、僕と同じこと思っていたらしい。

 奇襲するチャンスでも窺っているのか……それとも何か別の狙いが?

「フヒッ……この静けさ……いつかの大戦を思い出しますねえ……第三次世界大戦のワシントン奪還作戦……いえ……秋葉五ヵ月戦争のソフマップ攻略作戦……いつのさん……どっちでしたっけ……?」

 知らんがな。ソフマップってなに。地図?

 魔物が出てこなければ、それはそれで、余計な仕事が増えずに済む。田中さんとの一戦までは、無駄な戦闘を避け、万全の状態で挑みたいところだ。

「コラー! いんのは分かってんのよ! こそこそしてないで、さっさと出てきなさい魔物ども!」

 うん、余計なことしないでね、バカ龍駆り。マジで出てきたら超面倒だからね。

「いつの! アンタも言ってやりなさい!」

「僕にふる!?」

 ナチュラルにファーストネームで呼ばれてるし!

「そういえば、ちょっと気になったんですが」

 はい、と軽く挙手する柳子ちゃん。

「先程、三峰さん、猛る龍の調印学園龍駆り科二年と仰いましたが」

「それが?」と三峰さん。

「世界にたった二人しかいないのに、龍駆り科があるんですか?」

 それはもっともな疑問だった。

 剣士、魔術師のような、需要の多い役職ならともかく、龍駆りは誰もが目指せるような役職ではない。

 憧れる者の多い役職であることはまぁ、確かだが。

「まぁ、それがうちの学園の売りだしね。剣士から龍駆りまで、なりたい役職完備ってね。龍駆りに関しては、龍駆りかその素質がある奴しか所属できないけど」

「ちなみに何人が龍駆り科にいるんですか?」

「アタシ一人だけよ」

 そりゃそうだ。

「龍駆り科に所属するには試験を受ける必要があるんだけど、誰もそれをパスできないのよねー」

 情けないわー、と肩を竦める三峰さん。

 仮に素質のあるものが通ったとしても、龍駆りになれるかどうかなんて分からない。むしろ確率的には0に近いだろう。一生かけても成れるかどうか。

 それくらい、龍駆りという役職は人を選ぶ。いや、選ばれる、と言ったほうがいいか。

「アンタたちも上を目指したいなら、うちの学園に来なさい? 女なら年齢不問で熾天族から妖怪まで入学願書受付中よ」

 どうやら男子禁制の学園らしい。

「種族制限が無いのですか。珍しい学園ですね」

 多数の種族が存在するこの現代においては、種族間の諍いは常だ。なので、そういったことを避けるために、昨今は公共機関には種族制限を設けるのが普通ではあるのだが……。

「フヒッ……種族間でくだらないことを言い争ってる光景が目に見えますねえ……」

 赤絵の言葉はまさに、だ。

 種族間による争いの歴史は決して浅くはない。熾天族と魔人族なんて、人間が誕生する前から相争ってるという話しだ。飽きないのかね。

「三峰さんはドワーフらしいですけど、学園にはエルフもいるんじゃないですか?」

 そう、柳子ちゃんの言う通り、ドワーフとエルフも古来より犬猿の仲と言われている。

「いるわね。けどアタシ、そういうのどうでもいいって言うか、興味ないのよね」

「それはまたどうしてです?」

 この質問に、三峰ちゃんは、フッ、と鼻で笑い、

「エルフとかドワーフ以前に、どの種族よりも、このアタシが優秀だからよ!」

 三峰さんは胸に手を当てて、そう言い切った。漫画だったら集中線と、バックにバーンという文字があっただろう。

「……あぁ、そういう」

 この返しに、柳子ちゃんは何か納得したようだった。こいつマジもんのアホだ、と目で語ってるのが丸分かりだぞ、柳子ちゃん。

 けどまぁ、差別がないのはいいことなの……か?

 と、そうこう話してるうちに、ふいに赤絵が立ち止まった。

「この先……ですねえ……結局魔物も出てきませんでしたねえ……」

 目の前には大きな両開きの門扉。

 どうやらこの先に、田中さんがいるらしい。

「この先に……」

 お父さんが、と辛うじて聞こえた、柳子ちゃんの呟き。

「ホントでしょうねえ? なら行くわよ。パパパッと倒して終わりにしてあげるわ」

 愛音ちゃんはやる気満々だが、それに柳子ちゃんが待ったをかけた。

「何よ?」

「戦う前に、一つだけ、聞いてください」

 柳子ちゃんはちらりと、僕を見やった。

 ……それでなんとなく察した。打ち明けるつもりなんだね。あのことを。

「いつのさんは既に知っていますが、赤絵さんと三峰さんにも言っておきます。信じられないでしょうが、信じてもらうほかありません」

 柳子ちゃんは一呼吸置き、

「わたしはドラゴンです」

 赤絵と愛音。

 柳子ちゃんからカミングアウトを受けた、二人の反応は、全く逆であった。

「……ふむ……」

 と、どこか納得したような反応を示す、赤絵に、

「何言ってんのアンタ」

 と、半眼で一蹴するドワーフ娘。

 付き合いの長い、赤絵ならともかく、会ったばかりの愛音には、戯言にしか聞こえないだろう。

「フヒッ……このタイミングで嘘を吐く理由もないでしょうし……本当なんですね……?」

「はい。事前告知なしに龍化しても、お二人を驚かすだけですから」

「ちょっと待って、え? なに、信じてないのアタシだけ?」

 自分一人だけがアウェイという事実に、あたふたする愛音ちゃん。

「だから信じてもらうほかありませんって、言ってるじゃないですか。まったく」

 そんな愛音ちゃんに柳子ちゃんは溜息を吐く。

「いや、無理でしょ! 会ったばかりの奴に「わたしドラゴンです」とかいきなり言われても無理でしょ!?」

 ごもっともである。僕も柳子ちゃんの龍の姿を、目の当たりにしたから、信じざるを得なかったものの、愛音ちゃんと同じ立場だったら、彼女と同じ反応をしたかもしれない。

「聞き分けのない人ですね」

「なんでアタシが呆れられてるの!?」

 結局、この事実を信じてもらうのに五分の時間を要した。

 とはいえ愛音ちゃんはまだ半信半疑だったが、今は少しでも信じてもらえればいい。

 いきなり戦闘中に龍化を目の当たりにして、連携を乱されるよりはマシだろう。このあとの一戦が、田中さんであるのなら、なおのことだ。

「フヒッ……柳子さんは半龍でしたか……そうですか……」

「何か?」

「いえいえ……なんでもありませんよ……ふふ……ヒヒッ」

 その時の赤絵の柳子ちゃんを見る目は、昔を懐かしんでるような、愛娘の成長を遠くから見守っているような、そんな、慈しみが込められたものだった。

 それが、どういった意味を持つのかを知るのは、まだ当分、先の話である。

 

 

 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます