小説投稿サイト初心者のつぶやき。カクヨムでの泣き言

作者 舞海苔茶

321

134人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

 最近登録したもので現状から何からまだそんな知らないのですが。

 何となくですが売れるためならガツガツせよ、卑怯な手に走れ、後ろを見るな、批判は受け取るな、それが嫌ならネット投稿は趣味の範囲で、というような解釈をしてしまったのですが(批判的ではないのです)、私はここが角川がいるから所謂一般文芸(大人向けのラノベ?)もたくさんあって意見交換をする切磋琢磨した場所なのだろうなと考えていたものでそんな蠱毒の只中だとは思いもしませんでした。

 まあ、ランキングを見ればなんとなくで察してはいましたが。

 そう言うサイトってなかなかありませんね。

★★ Very Good!!

そうそうそうそう…と頷きながら読みました。

ラノベレーベルしかないんですよね。ただ、他の出版社からのスカウトもOKらしいので、運営さんはそこでバランス取るつもりなんでしょうか?

でも、初心者ですがネット小説の限界みたいなものは正直感じています。
ご指摘のとおり、1スレが長い作品は読む気がふわああと散歩に行っちゃいますし、全数十話とあると「いっかな」と思ってしまう。
文芸系の本と共に育った私でも、ネットでは大分堪え性のない読者です。

完成度に関係なく、ネット小説に向き不向きの物語は確実にあるのでは、というご意見には完全同意です。
私の尊敬してやまない京極夏彦氏の例えば「姑獲鳥の夏」。京極堂シリーズの中では短い方ですが、仮にネット小説だったら、途中のうんちくで多分、多くの人が脱落します。
私も多分する。

伏線バリバリのミステリやシリアス長編にとっては、ネットは決して出版への近道ではないのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

最近、10年ぶりに小説を書きはじめ、昔の知り合いを探してツイッターを彷徨ううちにカクヨムにたどり着きました。


ランキングに載るものをアレコレ読んでみて、確かに面白いものも多いけど、あれ?この作品でなんで?というものもあり不思議に思っていましたが、ここで戦略が必要とのお言葉を見て、そういう事なのかー!と目から鱗でした。

ただ書いてるだけじゃダメなんですね。
大事なのは根回しと宣伝が大事なんですね。
実社会と同じじゃん(笑)


でも、それでも、ただ自サイトに上げて仲間内で見せ合うくらいしかネットではできなかった時代に比べたら、カクヨムみたいなシステムって、読むにも書くにもめちゃめちゃ面白いシステムだと思ってます。

★★★ Excellent!!!

マイノリティーさん、僕の小説「にごろあまた」の感想を書いていただいて、本当にありがとうございました。ものすごくうれしかったです!恥ずかしながら「レイ・ブラッドベリ」を思い出すというお言葉に対して、ど、どこの小説家や!と思いましたが、アメリカの有名SF作家だったんですね…本当にいろんな作品を読んでいて、いろんな作家を知っていることがわかります。最近遅筆というか書けない状態だったのですが、マイノリティーさんのお陰でまた書く気になりました。本当にありがとうございます。応援してます!

★★★ Excellent!!!

 本作は業界的な話も含めて、とても勉強になる話が満載です。そして著者の「とにかく、これだけは絶対に言わせてくれ!!」という熱い情熱が迸っているので、情緒的な言い回しになりますが、ハートに熱く響いてきます。実にエッセイの本道を歩むエッセイで、凄く好感を抱きました。そして非常に面白い!

 それからエッセイへのレビューを書いてくれた投稿者1人1人に対して、非常に誠実な姿勢を貫いている事です。著者様の暖かな人柄が滲み出ていて、その点もとても好感を抱きました。

 非常に楽しく拝読させて頂きました。本当にありがとうございます!!

★★★ Excellent!!!

趣味で書くだけでなく、(身の程知らずにも)元作家志望だった自分としては、たいへん楽しく読ませて頂きました。
昔は、私の知っている限りでは、こういった小説投稿サイトがなく、誰かに読んでもらうにも、なかなか機会がありませんでした。それが今は、手軽にネットにアップして、広い世界へと発信できる。いい時代になったと思います。
本来であれば、誰に読まれることもなく、時の中へ消えて行くしかなかった自分の作品が、複数の方に(たとえ一人でも)読んで頂ける。私にとっては十分ですね。(もちろん、プロの作家を目指されている方には、是非がんばって頂きたいと思っております。)
これから私が死んでしまっても(今のところ、そういった予定はありませんが)、このサイトがある限り、私の作品は残ります。膨大な作品の中に埋もれていても、いつか、誰かが、何かの拍子に、私の作品を読むかもしれない。何十年も経って、もしこのサイトがなくなることがあったとしても、読んだ人の心には何か残るのではないでしょうか。(それが夢や希望などという良いものばかりでないところが、私の作品の悲しいところですが)
現在、作品を執筆中とのこと。このレビューを読まれるのも、先になるかとは思いますが、返答はどちらでもかまいません。
私は今、一作品だけしかアップしておりませんが、これからは様々な文体で、多様なジャンルの作品を書きたいと思っています。皆で長生きして、楽しく明るいものも、絶望的で救われないものも、たくさん書いたり、読んだりできるといいですね。

★★★ Excellent!!!

 このエッセイ、「小説投稿サイト初心者のつぶやき」と、なっていますが、作者はネット小説について、とても研究されており、既に「初心者」ではないと思います。
 勿論、カクヨムが始まった頃に、ネット小説が初めてだったのは本当だと思いますので、タイトルに偽りはないのですが、書かれていることは「ネット小説マスター」のお言葉であり、とても参考になりました。
 なお、作者は公募で受賞をされていながら、出版社との話し合いが折り合わず、出版はされてなかったという凄いお方です。

 書かれている内容は、大雑把に、出版社というものの実情、第一回の小説のコンテストについて、ネット小説というものについて、このエッセイに寄せられたレビューへの返答(これがまた、とても丁寧でためになることが多い)です。

 私が興味深かったのは、ネット小説というものについて語られているところでした。
 私はネットでは決して読まれないタイプの文章を書いている人間です。行間は空けませんし、形容や比喩表現は多いし、ぎちぎちに文字を詰め込んでいます。それで読まれないのは分かっているのですが、私が書きたいのはスカスカ文体の作品ではないし、プロになりたいわけではない(そもそも、それだけの筆力もありませんが)、だから書かない、そんなタイプです。

 今まで、『ネット小説』について語られているエッセイを幾つか読みましたし、そしてこのエッセイを読んで、確信したことがあります。
 今、インターネット上で読まれている人気の小説は『ネット小説』という、通勤通学の短い時間でも手軽に読め、前向きで楽しい気分にしてくれる新しいジャンルの作品群である――ということです。
 小説をインターネット上に投稿すれば、それが『ネット小説』になるわけではないのです。
 なので、『ネット小説』を求めて小説サイトを訪れている人に、ぎちぎち文章の作品を読んでもらおうと… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 いやー、一気に読ませていただきました!
 最初は本当にただのつぶやきかと思いきや予想以上に濃い内容でした。
 しかしこの世界は本当にシビアなところだと改めて確認しました・・・。
 とにかく参考になったことは間違いありません。

 あとレビューについて一つ。

 自分は他の方の作品にけっこうレビューを書くことがあります。
 レビューを書くのは確かに目的として、あわよくば自分の作品にも評価してほしいというのはあります。(もちろん評価を強要したことはありませんし、最低限のマナーとしてするつもりもありません)
 正直レビューを書くとき短編小説が多くなってしまうのは確かです。
 それは短編がすぐ読めるというのもありますが、読むのに時間がかかる長編小説を中途半端に読んでレビューを書くのは失礼に当たるのではないか、ということもあります。
 ただし☆だけを入れるのはなるべくしないことにしています。
 それをやるのはあまりに露骨な自分の小説への評価目当てだと思われても仕方ありませんし、自分の中でレビューを書くことで文章を書く練習をしたいということもあります。
 おかげで自分の小説は二つの作品がジャンル別の累計ランキングに入っています。
 もっともこのやり方がランキングの上位に入るために絶対的に正しい方法かといわれれば微妙なところかな、とも思います。
 今のところ自分の作品は総合累計ランキングにだけは一度も入ったことがないので。

 長文失礼しました。

★★ Very Good!!

詳しく、また、穏やかでしっかりした口調で書かれていて、大変読みやすく、理解しやすかったです。

某超有名ブログサイトは他ブログ訪問botのシステムが商業化するほど、「訪問してナンボ」ですが、どこのサイトも同じなんですねえ……。

それでもやっぱり、「ごく普通の恋愛小説を書きたい」欲はとまらないので、そっち方向で行こうと思います。


★★★ Excellent!!!

非常に興味深い事がいろいろた書いてありますので、カクヨムでこれから投稿してみようという初心者には、ぜひ一読をお勧めします。
とはいえ、カクヨムをどのように楽しむのかは自己責任ですが……

舞海苔茶さんもこの作品の中で触れられていますが、カドカワという出版社が運営しているという点で、ここの投稿者はあくまでカドカワのビジネスモデルの一端に過ぎません。
それが他の投稿サイトとの違いかもしれません。
謎の評価システムや、完結済み作品がクローズアップされにくいなど、真面目に投稿している作家の作品が埋もれてしまう、という声もありますが、どのように優れた商品であってもプロモーションがなければ売れないのは、マーケティングの基本。
あとはそのプロモーション方法については……
ぜひこの作品を見て考えてみましょう。

★★★ Excellent!!!

 自分はつい最近まで、国語の教科書通りに文末を“~。」”と表記するなど、ネット小説やライトノベル特有の表記、商品性、ビジネス戦略などに疎く、エッセイの話を興味深く読ませていただきました。
 章分けで小出しにする、改行で分を軽くするなど、初心者にとっては参考になることが多くありました。ライトノベルのたぐいも読みますが、自分にとってはいろいろ読む中での圧倒的少数派であり、もっぱらラノベ・ネット界隈の文章のみを読む層との齟齬たるやあまりに多きことを痛感させられました。
 __其れが全くもって活かされてない文章ですが。

 ランキングの評価基準において、自分は上位に来ることもなく影響はないですが、アルゴリズムが不明朗なのは自分も疑問を持ちます。もちろん作品の出来や人気を、人為による恣意的な水増しを排し、コンピュータで正確にランキングとしてはじき出すのは困難ですが、少なくとも「★」や「PV」といった見える要素から矛盾しないようにして欲しいものです。
 また、コンテストにおいても、……KADOKAWAのラノベ賞の補完なのか、ヒナプロジェクトの模倣なのか、それとも別のものなのか、方向性を明確にしてほしいものです。

 とても参考になりました。

★★★ Excellent!!!

 面白い情報が一杯で最後まで一気に読んでしまいました。編集者怖い…。現実怖い…。気の弱い自分には恐ろしい限りです。
 そして、自作を埋もれさせない為には、アグレッシブに、どれだけ叩かれようとアグレッシブに動き回らなければ駄目なのですね。
 実は、他作品に星をつけたのがこれが初めてで、勿論レビューを書くのも初めてです。たったこれだけを書くのに一時間近く掛かってます。星をつけるだけならともかく、レビューを大量に書くなんてどうすればいいんだ…?
 あと、行間が空いてない小説がこんなに読み難くなっているとは思わなかった。これが普通の筈なんだけど、二年ほどなろうにいたので行間空けに慣れすぎてしまったかもしれません。



 …全然レビューになってませんね。もし迷惑でしたら消して下さい。

★★★ Excellent!!!

とても楽しんで読めました。業界に片足突っ込みながらもその鋭さは的を外す感がたまらなく(情弱として)シンパシーを感じます。
当方、選考日直前までランキング上位につけていましたが見事に落ちまして、その直後ガラリとランキングが塗り変えられ、ランク外まで一気に落ちるという謎仕様に困惑。 ああ、もう何がなんだかわからねぇや、ということで、カクヨムは自作に「どのくらいの攻撃力があるのか」という射爆場として使用すると有意義なのではないかと。

今の状態じゃ真面目に作品書いて投下する気にはなれません。同時に選考通過された方々、大賞受賞の方も諸手を挙げて喜べない、賞賛の声も微妙な雰囲気をまとう、というのは本当に罪だなぁ、と思います。

おっしゃっていた編集や出版界の話が余計に後押しして萎えました。
まあ、純粋真っ直ぐに作品にひたむきに向き合えば報われる、なんてのはファンタジーなのかもしれません。作家こそ経済学を学ばねばならんのかもしれませんな。

★★★ Excellent!!!

他の方たちの作品を読む時間がなかなか無い―と嘆いている中、マイノリティさんのタイトルに引かれて―私も投稿サイト初心者中の初心者なので―読みはじめました。読み止まらなかったので星三つです。

私は、書く時間を捻出し、書きたいものを書いていきます。それしかないので…。ラノベにはほとんど縁がなかったので、ここ『カクヨム』に自分の作品を置くことが果たして正しいかどうかと思いましたが、とにかく、発表できるというのが楽しい―というのが現在の心境。先のことは分かりません。

『カクヨム』は小説以外に、舞海苔茶さんのお話のようなものも沢山あって、勉強にもなります。

泣き言いっぱい聞かせていただきたいです。
『カク』半分、『ヨム』半分だなー、これからは

★★★ Excellent!!!

拝読させていただきました。内容はとても興味深く面白く感じました。

特にコンテスト関係の内容には、非常にありがたく感じました。私は一次選考を通った一人なので、自分の作品は間違っていなかったのだと、逆に勇気づけられました。

編集者とのやり取りの内容も、非常に勉強になります。知らなければ対策すらできないところでした。デビューしてからが地獄とは、まさにその通りなのですね。貴重な経験を知ることができた事に感謝します。

今後も一人の読者として、この作品の経過を読んでゆくつもりなので、更新楽しみにしています。

★★ Very Good!!

スーパーフラットと言えば、村上隆のできが悪そうなフィギュアがニューヨークの画廊で高値で売れたという話が昔ありましたけど。
結局のところ作品の実体的価値と、市場で売れるというのはあんまり関係ないきもします。
そのへんは草間彌生なんかもそうで、草間彌生という産業が成立してるけど、彼女の本質は市場で流通してるものとは関係ない感じがします。
ドルゥーズの言う深層と表層みたいな関係。
市場価値は表層的なもので、作品の強度的な価値は深層的。
そのふたつは、実は交わらない。
ここでいう、ランキングと作品の実体的価値もそんなものかと、思えます。

ちなみにポル・ポトは貨幣も撤廃したので、資本主義の市場原理を否定したのだと思います。
表層を撤廃したら、深層が露呈する的な幻想かもしれない。




★★★ Excellent!!!

舞海苔茶様こんにちは。毎回、楽しく拝見させて頂いております。
(第29話 レビューへの返答16 の ”ななし”です)

以前、別垢でレビューさせて頂いたのですが、そちらを潰してしまいましたので改めてのレビューです。(”初週カクヨムランキング除外ーーー改め撤退ハートフル物語”も断腸の思いで削除(泣)!な~んてねw)

で、お約束したわけではありませんが、”異世界転生もの”、しかも”短編”、書いてみました。

というのも、舞海苔茶様はじめ、他でも書かれている”対カクヨム”テクニックとでも言いましょうか、せっかくですから、その辺の検証を含めてしてみました。お陰様で?Fランキング15位ですw

更に新たに

・運営の検証
・カクヨム・ユーザーの検証

してみました。ま、所詮、想像の域を超えませんが……。


運営に関して言えば、既出もありますので端的に申し上げると、【何でもいいから唯一のビッグヒット】or【新しいもの】作を探しているような雰囲気がありますね。(ルーティンの出版枠をキープした上で)



ユーザーに関して言えば、撤退する方は撤退。当然、残る方で既に【次のステージ】に向かってる雰囲気を感じます。(現状、あえて拙作にユーザーが好む要素と嫌悪を感じる要素を入れてみた結果の中途なランキング位置でそう感じました)

そう考えると、ここはそもそもが、本当に実験的なサイトなのだなと思います。

システム開発。運営方針。利用規約。その全てが実験的なのですから、何が起こっても不思議ではないですね。

そういう意味で言えば、何らかの読者支持さえ得られれば、必ずしもライトノベルや異世界転生じゃなくても、それが”白い巨塔”のような作品でもいいのかもしれません。

「何でもいいから、読者支持を得られ、売れるものを書いてくれ!(泣)」

そういう事ですよね、きっとwww

運営の次のイベント… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

特に編集業界の話、とても参考になりました。
「最近は似た傾向の作品が多い。最初にヒットした作品に乗っかろうとしている作者ばかりなんだ」と思っていたのですが、普通に考えれば、編集者がОKを出すから、作品が本になる。
ですから、作者や作品を劣化させているのは(表現がよくないですね)、編集者、もっと言えば、編集業界全体とも言えますね。
カクヨムには多くのプロ志望の方がいるように見えるので、編集業界にとっての良い作品ではなく、読者にとっての良い作品を書籍化して欲しいものです。

最後になりましたが、こちらの作品、私の書いているエッセイで紹介してもよろしいでしょうか?

★★ Very Good!!

文字数がすくなくて、スカスカなのが良いのは
作者さんはPCですら苦手のようですが、
スマホが小学生ですらもつようになったぐらい、
普及したこともあるとおもいますよ。

対角線が4インチちょっとのスマホの画面で、
1話で2万文字以上とか、読むのがつらいですしね。

それに、満員電車のなかで、人にスマホをぶつけながら読んでも
、食事中に皿の横にスマホ置いて読んでも、小学生が読んでも
佐藤勤さんのように、兼業作家でもあり50歳を超えているような人ががPCでじっくり時間をかけて読んでも、PVは同じだけあがるというか、食事中なんかはカクヨムでは熟読扱いになります。
もちろん評価もじっくり考えて 5段階評価2項目を あえて 4/3とするようなひとから評価をもらうより
なにも考えないで 全部5/5としてくれる人達から評価をうけたほうが楽ですしね。

そういう数値に見えないものは、どうしてもあるとおもいますよ。

逆に文字数が多かったりする作品は、
書籍化すると大体おじさん向けにしてあるとむしろ売り上げが堅調だったしてるみたいで、実際Novel0やMFbooksみたいに、
年齢の高い人向けのラノベがでてきてますしね、
作者さんの好みもあるでしょうがターゲットとしてそういう層にむけて書くのはありじゃないかと、

MFBOOKSができたときの編集部の話に
25歳までラノベ読んでた人が25になって突然文学を読んだりしない、というのがあります。
本を読む習慣があるひとは、中高年のほうが多いのも事実です

小学生は読んでいない?
あまりこんでない電車での事件?なのですが、
小学生が電車を降りるときに、
かばんを背負いなおそうとして
私の顔にスマホを思いっきり突きつけて避ける羽目になったので
「こらっ危ないぞ気をつけなさいって」叱ったんですが、
その時に表示されていたなろうのタイトルが気になったので… 続きを読む

Good!

文頭の字下げや改行が少ないのは、意識的にされていますか?
エッセイと小説は違うという意識なのでしょうか。
気になりましたので、お尋ねいたしました。
また、わたしのエッセイにレビューをありがとうございました。
しかし、小説家になろうで必要に迫られてやったことをカクヨムでも通用すると誤解されてないか不安になって参りました。
小説家になろうは新着がトップページですぐ見えるので、一日に何度も更新することがアクセス数に直結します。
カクヨムでは更新を頻繁にしてもアクセス数にはつながりません。
ちょっと気になったので、わたしも判りやすく伝わるように新しく書き足してまいります。
乱文失礼いたしました。

※名前はsummerの夏です。

★★★ Excellent!!!

読まれるための裏技など何も知らず、せいぜいがタイトルやあらすじをちょこちょことイジくるくらいしか努力していなかった私ですが、やはり郷に入っては郷に従えとも言いますし、異世界転生で行間空けまくりの頭空っぽでストレスフリーな作品をこれから書いていこう!
なんてことは思えず、逆にもう開き直って好き勝手書くしかねーなと、妙に晴れやかな決意をするに至りました。

ありがとうございます。

★★ Very Good!!

 レーベルのことは私も投稿してから気付いたので、作者様の気持ちがよくわかります。私の作品もどう見てもこれらのレーベルから出なさそうなタイプの作品なので、今すごい落胆しています……。
 他にも読んでて共感するところが多かったです。

 ランキングに関して不透明な部分が多すぎるので、せめてそこだけでもなんとかしてほしいなぁ。
 応援していますので、これからもこのスタイルでどうかがんばってください。

★★ Very Good!!

私はもともとファンタジーとSFしか書いてないので問題ありませんでしたけど、これガックリ来ますよね。でもこのレーベルですが、もしかするカクヨムで執筆させ競い合いをさせたのち新レーベルを立ち上げるといった布石なのかもしれませんね。ランキングも人材発掘の為のものと思います。すばる新人賞も初回はたしか受賞作無しですよね?。今回のコンテストもそうなる可能性があります。
出版も受賞じゃなくても可能性ありで書いてありますし、その辺りは期待もたせ過ぎ!て私も思いますけどwまあ、過度に期待せず自分の勉強になるかな~くらいで作品を書いていきましょう。
なろうさんの作品がこちらに掲載されてるように、その反対もありですしねwこだわらないと楽です。

★★ Very Good!!

小説投稿サイトという名に吸い寄せられた人間への注意書き。私自身そうであるように、様々な小説を読むといつしか自分で創りだしたいという官能をおぼえるのは物書きの宿命。それらに対して現実を教えてくれる実話。そして実話という銃口から飛び出す作者の鋭利かつ聡明なつぶやき。このサイトにて小説を書く全ての方々に読んでほしい、小説サイトのいろはが詰まっている作品。

★★★ Excellent!!!

毒はありながらも率直に穏やかな雰囲気で愚痴や悲哀、疑問が語られていてとても得難いものに思えました。

何の気なしに来た素人です。
カクヨムの魑魅魍魎のサバイバルぶりに呆然としていました。
いなくなった某先生とか。
こんなに性善説と性悪説について考えさせられるとは思いませんでした。

どのような分野でも読まれる、見える、観測できるというのは第一条件です。
なのでそのための工夫をすることは基本的には悪いことではないのでしょう。
問題はネット上ではそれが本来の目的である面白い作品を考えるという努力よりも重要になってくるということ。
そのことに多くの人が違和感を持つためなんですね。
そこをバランスをとるのがカクヨムの腕の見せどころのはずで皆さんが期待していたところなんでしょうが現実には厳しかったということでしょうか。
カクヨム側はもうちょっと予想できなかったのかとは思います。

一番思うのはカクヨムが本音では巨大生け簀に過ぎないにしろカクヨム側がそれだけだと居直るのは違うのではないでしょうか。
ビジネスにもファンタジーは必要です。
客であろうとなかろうと誰もネズミの着ぐるみを脱いで煙草を吸っているおっさんやトイレに行ってきたと公言する寿司職人を好みません。
今マクドナルドが元気がないのもそこにあった怪しい幻想が消えたからでしょう。
多くの人の労力を利用するカクヨムにはビジネスであるからこそ、希望や公正という幻想を見せられるように努力はして欲しいと思います。
無理かもしれませんが。

石工は言う。小さな石がなければ大きな石は上手に積み上げられないと
プラトン
As the builders say, the larger stones do not lie well without the lesser.
Plato

長々と申し訳ありません。素人の見当違いでしたらどうかお許し下さ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

カクヨム体験と自身の体験を織り交ぜながら描かれるエッセイが心地よくステキでした。

多くの「カクヨム批判」「カクヨム考察」に見られる、
『カクヨムを批判している、的を射たこと言ってる俺を観てくれ!!』感がなくて、
エッセイを自分のものにしているところが好きです。

あの人たちはなぜ、消費者みたいなことを言うのでしょうか。
カクヨムは「場」であって、参加者は居ても「客」は居ないはずなのに。

舞海苔茶さんが、表現者を降りて、★を集めるだけの幽鬼になってしまわないことを祈っております。

★★ Very Good!!

居酒屋で愚痴を言い合う感じがほっこりします。最近作品を書くのに行き詰まったらこういう愚痴系エッセイを読んで、気分転換するのが日課になりつつある。

作品を全然見られなくても、こういうのを読みにくるとあ、ここ人おるんやな、って思ってほっとします。みんな同じようなことを感じてるんだな、と思って。赤ちょうちんのお店でグダグダやってる感じが和む。

カクヨムって、作品や作家同士のつながりが希薄で孤独ですよね、なんか。浮島がぽつぽつ大海原で漂ってるような体感があります。だからこういうエッセイのレビュー欄に集ってみて人の気配を感じたい(笑。

あ、以前の記事についてですが、編集で章を割りこましたりできますよ!すでに書いた章の順番を入れ替えることが可能といったほうがよいのか。話の区切りを編集し直すのは困難な仕様のようです。

ちなみに筆者様の筆名はまいのりてぃーさんとお読みするのですか?昔好きだったホラー漫画家の人のペンネームに似ていていつも目に留まっちゃう。

★★★ Excellent!!!

やわらかく、水のようにやさしい文章なのに毒が含まれていて、でも毒とも気づかずついつい飲み干してしまった。という作品でした。今作品が煮詰まっていたので最新話まで思わず読んでしまいました。

 編集者は「作家の腕が悪い、売れないストーリーを考えるのが悪い」と転化しますし、漫画畑の編集者にも(自主規制)してやりたいような暴言を吐く奴もいますし。エッセイ?読みながら頷いたり笑ったり。基本的にある程度のセルフプロデュースが出来て出版しても、本を買ってくれる「読者」がいるのであれば、出版させてみようか。みたいな所があるのではないかと思っています。慈善事業ではありませんし、わかるのですが、やるせない気持ちになります。ま、そういう人間も角川からしたらふるい落としたいのだろうなぁとこの作品を読みながらぼんやりと思いました。今からでもかかれていらっしゃる技を駆使して文章を分割してやろうかと思います。まだまだ色々読みたいのでぜひとものんびりこのエッセイ?を続けてくださるとうれしいです。

★★★ Excellent!!!

この作品は、レビューを読みつつ、返答を読むためにある(違う)
いや何はともあれ、なんで私ラノベに手を出したことがないんだろう。(中高生のときは周りの友達が大抵「ハルヒいい…」とか「○○物語最高!」とか言ってたんですけどね。)
記憶違いじゃなきゃあのページ開いて4つブロックができてる感じが苦手だったのかしら…
返答ありがとうございます~。まぁわからなくもない。わからなくもないけど…純粋にあのあたりの歴史が好きっていう人もいるはずなので突っ込まれないといいですね(笑)
あ、じゃぁ心置きなく、背後を狙わせていただきます(笑)冗談です(笑)

Good!

ライトノベル関連としては一昔前なら正しかったという情報が多いです。
(文芸系なら今でも正しい部分があるかもしれません)

常識を変えてしまったのはネット発の小説が市場を席巻したからです。
近年、ライトノベル系でメガヒットと呼べる作品はかなりの割合でWeb絡みの小説です。

最近のライトノベルで一番売れている作品である川原礫氏の『ソードアートオンライン』が個人サイトで人気を博していたのは有名な話ですが、受賞作である『アクセルワールド』も、小説投稿サイト『Arcadia』に掲載していた『超絶加速バーストリンカー』です。
続く作品としては小説家になろうからの書籍化でデビューした佐島勤氏の『魔法科高校の劣等生』が挙げられると思いますが、佐島氏は五十がらみの年齢でのデビューでした。
(ネット小説からの書籍化デビューは三十代がボリュームゾーンであり、四十代のデビューも珍しくないです)

その後、ダンまち、ゲート、オーバーロード、この素晴らしい世界に祝福を、と最近のライトノベル作品でアニメ化から伸びてメガヒットグラスで売れる作品は、Arcadiaからのデビュー、Arcadiaとなろう重複投稿からのデビュー、なろうからのデビューと、サイトの差はあれども、ネット小説からのデビューが殆どです。
(作者の年齢については公開されてない方が多いですが、公開されてないという事実と、作風から読み取っていただけたらと思います)

ネットからの小説デビューの特色としては、編集者による干渉が少ないことにあります。これは『作者側が既に支持基盤となる読者を持っていて立場が強い』ため、編集者が関与しにくいからです。

逆に言えば、生え抜き作家と違って傭兵的戦力とされているため、じっくり育てるような対応はされない言われることもありますが、
エッセイ内で舞海苔茶様が述べられていたとおり『編集者の作家を育てるは、ワシが… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

どうも。なろうの方で作品投稿してるワナビですけれども。

私としてはそうですね。今の風潮は大変よろしくないと思いますよ。
ネットで受けているから、ネット小説では受けているからというただそれだけの理由で
起承転結の要素が欠け過ぎている、山場も何も無い作品ばかりを出版し続けていた場合、
その会社はレーベルそのものの評価が潰れて全滅状態になるですとか、
ライトノベルという書籍のジャンルそれ自体の評価が下がって全体の売り上げが下がっていくだとか、
十分に有り得る話だと考えています。

最終的に大事なのって、一時の利益よりも長期の信用なんですよ。
このことを昔から訴えている任天堂の経営状況が現在悪化しているので、
この言葉の真偽についてもかなり苦しい状況ではあるのですけれどもね。

私と致しましては、文体を比較的ゆるめにさくさく読めるようにする努力は必要だと思うものの、内容に関してはどちらかといえば重厚な、起承転結や伏線がしっかりとしたものの方が良いと考えています。
そんな私も三十代前半の昭和のおっさんなんですけどもね。いや、なんというか……年齢で弾かれると非常に辛いというか、厳しい。
むしろそれ、本当に弾いて良いの? と問い詰めたいレベル。

若者の方が今の若い人の感性がわかるという理屈は確かに理解出来なくもない。
しかし、今時の巷に溢れた薄っぺらいネット小説ばかりの影響を受けた人に、本当に面白いものが書けるのだろうかというところを大変疑問に感じる。

物書いていて日頃から感じていることですが、インプットされた知識の数割しかアウトプット、文章として出力することが出来ないのです。
100仕入れたらせいぜい出荷出来るのは30程度では無いでしょうか。
起承転結のしっかりした内容のある文章をしっかりと読み込んでいなければ、そういった『基本』を敢えて無視したようなネット小説を書けるわけがな… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

カクヨムへの思うところだけでなく、あまり表に出ないような業界の裏話もあってエッセイとして楽しく読めました。
レビューに答えていく形式も週刊誌にあるような質疑形式の投稿コーナーを読んでるみたいで独特の面白さがあります。

カクヨムを中心に巻き怒ってる騒動を眺める野次馬根性で登録した身としては、こうやって覚悟をされてる方には頭の下がる思いです。
一億総コンテンツ時代といわれて久しい昨今、新興の小説投稿サイトはさながら社会行動学の実験場のようになっていますが、一ユーザーとしては行く末をゆっくりと見守っていきたいですね。

★★★ Excellent!!!

 売り手である編集の言葉に私は愕然としました。

「面白いし文章もカッコイイんだけど、ちゃんとしすぎてるって言うか。ラノベの読者なんてバカなんだから、起承転結なんかつけたら、読まないよ? ラノベに
起承転結はいらないっていうのが、私の持論なんですよ。ダイハードみたいに、いきなりダダダッと撃ち合いが始まって、そのままダダダッ、ダダダッ、ダダダダアッ、最後にドカンッ! そうじゃないと、バカだから読まないよ?」

 普通に考えたら客を見下した商売なんて成立しません。大抵の人は顔を真っ赤にして怒ってしまいます。
 そして、二度と買ってくれません。
 ですが、それでもこの業界では売れてしまう。
 こんな風に見下されながらも人々はそれを買っていく。
 別に作家が悪いわけではない。
 だって、彼らは雇い主のオーダー通りに仕事をしたまでなので。
 ただ、仕事をするほうもいい気持ちはしないでしょうよ、これ。
 使用者がこんなんだったら仕事やめちゃいますね、私だったら(厳密に言えば使用者ではないのですが)。

 駄文にして、長文失礼しました。

★★★ Excellent!!!

他のカクヨム系エッセイレビューから飛んできました。作者様の文章はとても丁寧で分かりやすく、楽しく読ませてもらいました。
出版不況を憂う者の一人として、作者様が関わってこられた残念な編集者達には溜息しか出ませんが、編集者は本来「黒子」であるべきものです。
願わくば、カクヨムに良き「黒子」が集まることを祈るばかりです。

★★★ Excellent!!!

 僕もこのカクヨムでweb小説デビューした投稿素人です。
 最初三話があるあるすぎて大ダメージでした。
 正直書いていて不安になることやカクヨムというサイトで感じた驚きや恐怖にズバッと切り込んできて、しかも胸の奥に深く沈んでいくので今も胃袋を痛めながらレビューを書いてます。

 でも、これらの話が出てきて問題が提起されること、そしてそれが評価を受けていること。これは皆が問題意識を共有し、同じことに恐れを抱いているということでもあります。
 だったらこの痛みは僕だけの痛みではありません。
 そう思うと少し気持ちが軽くなりました。
 だからこの作品はパンドラの箱の底。
 ここ、カクヨムに残る希望だと胸を張って皆さんに勧めたいと思います。

 さて、貴方は其処に居ますか?

★★ Very Good!!

知らないことがいろいろと書かれてあり、読みながら「へぇ~」と何度か言いました。
特に出版業界のことは初耳なことばかりで、参考になります。
なかなか知る機会、ないですもんね?
情報の一つとして、頭に入れておきます!

それはそうと、年齢との関係性ってあるんですかね?
疑問ですね。
感性は人それぞれ。若いほうが発想力あるかもしれませんが、歳を重ねるにつれて、違う見方があるのも事実でないかと。
経験によって生まれるものもありますよね?

ただ言えることは一つ。
私は、いくつになっても物語を一から考えるは楽しいです。

Good!

 部分的にすっごい身につまされる感じもありますな……。佳作受賞というところには親近感。こちらは何とか出版は出来ましたが、今じゃ版元が消滅しちゃいました(朝日ソノラマ)。

 すかすか文が受けるというのは、最近実感として分かってきたところです。「読みやすい文章」というレビューがついている作品をいくつか回ってみると、普通に文章として読みやすい場合と、単に情報量が少ないだけの場合とがありますね。情報伝達として優れているという意味ではなく、そもそも読み取らねばならない情報が少ないものが「読みやすい」と判断されるケースがけっこうあるのだなと……

 先行きを楽しみにしております……