次回作

長らく更新をしていませんでしたが、漸く書けそうな感触が。台風一過、私の頭も晴れ渡ったのでしょうか。

「枠」(「寓話」)と「山椒魚」改作の「蛙」(「大いなる虚構」)が、今の所手ごたえのある作であります。どちらもテイストは純文学としておりますが、太宰や芥川のそれが、コミカルにも感じられるように、私の作品はかなり簡易なものです。もちろん、太宰や芥川と比べられるレベルの作品では、ないですが(笑)


恐らく次回作は、「大いなる虚構」にて、更新させていただきます。よろしくお願い致します。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

大いなる虚構〜文豪への挑戦〜 コォヒィ @coffeelove_books

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ