芥川龍之介「羅生門」を改変して

 「漂う」を読んでくださり、ありがとうございます。

 この作品は芥川龍之介「羅生門」を典拠にしております。大分変えていますが、一応、原型にはあります。

 「羅生門」のだいご味は、いわばリドルストーリーでしょうか。しかし、芥川は本来結末を付けていました。結末をとることで、作品はより素晴らしいという評価がなされたわけですが、言い方を変えればそれはどこか欠けた作品。実は、こういうタイプがあまり好きではないです。描写をしっかり考えれば、完全ではないにしろ、推測が出る。そういうタイプの小説が好きです。

 「枠」についてのあとがきで、読みに枠を付けたくないと書きましたが、どうでしょう。僕は矛盾しないと思うのですが、中には矛盾すると思う方もいるかもしれません。そうでしたら、申し訳ないです。

 今回、「漂う」は奇妙な終わり方になっております。皆さんがどのようにとらえたか、作者として、興味のあるところではあります。


 さて、次の文豪は魚の名が付く方で、扱う作品も魚が主人公のあの名作です。ぼんやりして出られないなんてことにならないよう、僕は注意して生きていきたいと思います(笑)


  では。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます