禍の緋月

作者 梔子

12

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

壱与と台与。
書道家で古代日本(端的には邪馬台国)研究家の井上悦文先生によると、草書では"壱"と"台=臺"は見分けが付かないそうです。中国の歴史書には"壱"と記述したり、"台"と記述したりしているので、作者は本作品の様に設定したのだと思います。
でも、私としては、井上先生の書籍を読んで納得しちゃったので、星1つにしちゃいました。
正解は誰にも分からないんですよ。ただ私の信じた正解じゃないな、と言うだけです。
もう1つ。短編にはMAX星2つが信条なので…。
でも、邪馬台国については、様々な説を読み比べる事こそが最大の楽しみであり、閲覧者には一読を勧めます。