「瓶に挿した花。」

作者 星村哲生

物は変わっても、思い出は変わらない

  • ★★★ Excellent!!!

『君が挿してくれた花』はいつかは萎れて枯れてしまうが、『君といた時間』は記憶している限り、いつまでもどこまでも鮮やかである。
『花』や『ガラス瓶』という物体を通して、より美しい『君にまつわるもの』を見定めようとする主人公の視点が素敵だと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

居間正三さんの他のおすすめレビュー 1,221