第6話 Legend of Ten thousand years ago - 2

 分厚い雲間より光が射す。魔王の魔力より天界が解き放たれたのだ。

 空を覆う暗雲を穿つが如く数々の光が立ち上り、神々が天上界へと帰ってゆく。その姿はまるで黄金の緞帳どんちょうを開くが如く。幻想的にして荘厳。見る者の目を奪う、筆舌に尽くし難き美しい光景であったという。

 徐々に黄昏る荒涼の地平線を前にして、勇者は感慨深げに世界を眺めた。


 黄昏の光の中にひとり立つ勇者の前に留まる神々がいた。

 神族の中でも最高位に属する太陽神と大地母神である。


「よくぞ魔王を討ち倒し、世に平和を取り戻してくださいました」


 神々を代表し、二柱神は其々礼を述べ勇者を讃えた。

 この二柱神に対し、勇者は恐れることなく問い掛ける。


「これにより、世は泰平となりましょうか」


 大地母神は悲しそうな表情で首を横に振った。


「残念ですが、荒廃した世界の綻びを正すには、千代の刻を要します」

「そうですか……」


 勇者は俯いて目を瞑り、遠き未来へと思いを馳せた。

 暫しそうした後、再び顔を上げると勇者は静かに答える。


「ならば私は、世界の綻びを縫合する一本の糸となりましょう」


 我が身を捧げて恒久の平和を創る――勇者は新たな決意を誓ったのだ。

 その覚悟を耳にして、太陽神は預言した。


其方そなたはこの時代に於いて、世界を導く宿命さだめにある」


 太陽神に続き、大地母神も告げた。


「後に幾多の艱難辛苦を乗り越えて、千年王国の礎となり、波乱万丈な人生に幕を閉じることとなりましょう」


 それらは勇者の人生が、決して平坦ではない棘の道であることを示していた。

 運命付けられた過酷な予言に、勇者は迷うことなくこう云った。


「それが私の宿命とあらば、喜んで」


 自己犠牲を厭わぬ言葉に、二柱神の心は震えた。

 それに応えて、太陽神は問うた。


「貴方に願いは?」

「子々孫々へ平和な未来を――」


 勇者の言葉に、神々の心が動いた。

 二柱神が天へ向けゆっくりと指差すと、未だ重々しく広がる雲間から光が差し込んだ。

 瞬く間に天球には雲一つない青空が広がる。魔王が出現したあの日より、目にすることが叶わなかった、深く蒼く限りなく透明に澄み渡る空であった。


 勇者は、その光景に胸打たれた。


 満ち溢れんばかりに輝く光に目を細め「世界は美しい……」と呟くと、蒼穹のその更に向こう側――遠い未来へと想いを馳せた。


「願わくばこの美しい空の下、平和な世界に生まれ平凡な生活を送りたかった」


 勇者は素直な心情を吐露すると、自嘲気味に微笑んだ。


「しかしそれは、叶わぬ夢」


 自己犠牲と献身こそが、この世界に於いて自らの役割だと彼は悟っていた。そこに一切の不満や迷いは、今やない。

 彼の両眼には、呟き前とは打って変わって決意の光が燈っていた。そんな勇者の呟きを耳にした大地母神は、優しく穏やかな表情で云った。


「平和な世界と平凡な生活――貴方の願いは聞き届けました」


 太陽神も頷いて、その言葉に続いた。


「此度の働きは、我らと約束を結ぶに余りある功績」

「貴方が救った世界なのですから……」

其方そなたには、平和と安寧を享受する資格がある」


 神々は勇者の偉業を讃え、彼の願いを聞き届けた。


「魔王の禍々しい魔力に傷ついた世界が癒えるまで時間がかかろう」

「幾星霜の歳月を経るか、それは私にも分かりません」

「刻満ちて機熟した平和の到来と共に、その願いを必ずや叶えよう」


 そうして神々は、平和な世界で勇者が望むままの転生を赦すと約束した。

 この世界この時代で叶わぬとも、泰平の世で平凡に過ごすこと――それは闘いの日々に明け暮れた勇者にとって、願ってもない申し出であった。


其方そなたの望みは、我ら神々の名に懸けて必ずや」

「ありがたき幸せ」


 こうして勇者は神々と『古き約束』を交わし、未だ見ぬ遠き東の地へと旅立った。

 やがて勇者は、神々の言葉通り幾多の難関辛苦を突破して、後に千年の長きに亘る王国を興すと、人々を王道楽土へといざない、世界を平和へと導く礎となったという。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます