蟹を食べる(R-15)

作者 マグロアッパー

わたしたちのさいごの晩餐

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルから、間違いなく好きになると確信した一作。
過去から今にいたる関係性や心情の描写が丁寧で、単なるお耽美や感傷に沈みがちな題材を生き生きと、生々しく、イメージとして伝えてくれる。蟹というモチーフが最高に効いている。
食事のシーンがうまい小説は一級品だと思うのですが、この作品はまさにそれです。ごちそうさまでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

桐島あおさんの他のおすすめレビュー 11