寓話集〜短編〜

作者 コォヒィ

21

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

一度は誰しも思ったことがある疑問、日常の小さな違和感。
それらをスムーズな文章で上手く表現しています。

誰も他人の気持ちや、死んだ文豪の気持ちなんて分かるわけない。しかしそれを枠に当てはめ、言語化し、歪めることを強要してくる。なのに周囲の人間は誰もそのシステムエラーを異常とも思わないでいる。

ある意味ホラーとも呼べる良い短編でした。
しかし作者さんのそのテーマ性や主張も、短編小説という小さな枠に収まってしまっている。また世界の欠陥です。
それを再認識させられた、個人的名作です。多数の理解は得られないかもしれませんが。

★★ Very Good!!

――

枠というタイトルで国語を出してくるのはとてもしっくりきました。国語には解答欄というものがありますね。そこに答えを書くわけです。しかし、ここに書く答えは、質問通りではないのです。自分が思う答えではなく、世間一般的に、周囲が、先生が求める答えを予想して書かなくてはならないのです。自分の言葉ではなく、一般的な、他人の言葉で。

この小説を読みながら、社会から強要される受け答え、それが作者の示した、「枠」ではないでしょうか。
これを読んであなたも「枠」について考えてみてください。ただし、それは自分の考えでいいのです。自分なりに考えてみてください。