36・形勢逆転


 腰を下ろされた。尻に固い何かがぶつかった。椅子だろう。金属でできた脚が擦れて、ギイという嫌な音がした。

 両手首を後ろで縛られた。身動き取れないよう、胴体をロープでグルグルと縛られていく。

 俺を身動き取れなくしてから、頭部に被さっていた黒いビニールを上に引っぱった。

 視界が明るくなる。

 薄暗い場所だった。それでも、長いこと暗闇に覆われていた俺には、眩しいぐらいだ。

 場所は水族館のようだ。ただし営業はしていない。水槽には水はなく、魚も泳いではいない。右側の壁にある非常口のピストグラムは大きな傷ができていて、誘導灯は付いていなかった。

 廃館となったものの、解体工事する金もなく、長年ほったらかしにされたという感じだ。

 電気も付いてないようだ。建物の光は、お手製らしき、天井にぶら下がったちんけな照明だけだった。


「…………」


 俺の前に、がたいのいい男が三人佇んでいる。ゾンビの真似をしていた奴ら。無言だ。ただじっと、俺を見下ろしている。

 同業者だ。眼光の威圧感からピンときた。


「ゾンビ似合っていたぜ。すばらしい演技力じゃないか、アカデミー主演ゾンビ賞をやるとしよう」


 茶化しても、眉をかすかに動かすだけで、反応しなかった。


「そいつかい?」


 遠くから女の声が響いた。かつては水族館の名物であったと思わしき、サメが泳いでいた巨大水槽の前に、真っ黒なシルエットが現れた。

 近づいてくる。

 真っ赤な着物姿。

 年は四十近く。線のように細い眉毛、細い目、ツンと出た鼻、細長い顎。狐のような顔立ちの、浮世絵の美人画から出てきたような女だった。


「お見合いをさせるのにつれてきたのか。年上の女性は好みだが、あんたは年上すぎる。だが色気があるな、喜んでお相手するぜ」

「ちょうしこいてんじゃねぇぞワレっ!」


 顔を殴られた。

 折り畳み式のパイプ椅子が揺れる。倒れそうになるのを、後ろの男が押さえた。


「きっくー」笑いを浮かべながら、ヒリヒリする顔をあげた。「男の趣味はないんでね。そっちのおばちゃんなら喜んで殴られるぜ」

「んだとおらっ!」

「いいんだよ」


 殴りかかったところを、女が手を出して制止させる。


「アンタのような無謀なやつ、嫌いじゃないよ。うちのモンの若い頃を思いだすね。でもね、余計なこと言うもんじゃない。あんたの可愛い子が、どうなってもいいというんかい?」


 女は後ろを向いて「つれてきな」と命令する。

 イルカショーの広場のある通路から、二人の男に連れられて、美桜と澄佳が歩いてきた。

 怖がっている澄佳を安心させるように、美桜は力強く手を握っている。


「無事だったんだな」


 ひどい目にあわされていない。子供だと甘く見ているようで、俺のように、束縛されていなかった。


「イルカショーでなく、ヤクザショーを見せられてるわよ。ヤクザなんて、あなた一人で十分だというのに」


 予想通り、こいつらは全員、ヤクザの組員だった。数は、ボスらしき女を入れて七人。

 それほど多くはない。

 イッヤーソンと関係あるのか、ないのかは分からないが、肌は青くないし、頭脳も回っている。ゾンビでないのは確かだ。

 澄佳たちを連れてきた組員の一人が、村雨を手にしている。俺の目が刀に向いているのに気づくと、鞘に収めたままチャンバラの真似をする。ポーズを決めるとニヤッと笑う。相当お気に召したようだ。


「上玉じゃないか。特に、長髪のお嬢ちゃんは、いい女になるよ」

「私はすでにいい女よ」


 さすがは魔王の娘。ヤクザに囲まれようが平然としている。


「アタシがあんたぐらいのときは、そんな度胸はなかったねぇ」


 愉快そうに笑いながら、俺のことを見る。


「今は丁重に扱っているけど、あんた次第で、お嬢ちゃんたちを、女にしてやってもいいんだよ」

「一番手は俺な」

「ふざてんじゃねぇよ!」


 さっきとは逆方向を殴られた。本気と加減の中間ほどのパンチだ。気絶させないための配慮だろうが、それでも痛かった。


「きっついツッコミだな。もっと優しくしてくれよ」

「てめぇがふざけたこと言ってるからだろ!」


 さらに殴られる。俺が笑うと、「何がおかしいんだ!」と、二度、三度、四度と連続で殴られた。


「やめとき。舌をかまれたら、しゃべれなくなっちまう」


 口に溜まった唾を吐き出した。どっかを切ったようだ。血が交じっていた。


「あんた、このおばさんの言いなりなんだな。惚れてるのか?」

「てめぇ!」

「だからやめとき。思うつぼだよ」


 男は、不満げに拳を引っ込める。


「村浪組の赤沢鏡明だね?」

「そういうあんたは誰だい?」

「質問を質問で返してんじゃねぇよ!」


 殴られた。一発が大きい。さっき止められた分、力を込めてくれたようだ。

 頭がクラクラしてくる。

 愛しの兄が痛めつけられる姿に見てられなくなったようだ。澄佳が目を瞑っている。


「もっと殴ってくれ。エムに目覚めそうだ。あと5発殴られたら、ホモにも目覚めそうだ。ファスナーの向こうになるのをくわえたくなるぜ」


 俺は笑った。


「優しいねぇ、あんたって妹思いなんだね」


 見抜いていた。大した玉だ。


「でもね、ふざけたことばかり言ってると、大事なモン、壊してもいいんだよ」


 冗談ではない。笑みの奥にある眼差しから、それが分かった。

 この女は本気でやる。


「さきほどの質問は正解だ。俺は村浪組の赤沢鏡明。下っ端の組のさらに下っ端のただのチンピラだ。親兄弟は全滅した。生き残ったのは俺だけだ。その復讐をはたそうとしている。これでいいか?」

「まぁいいさ、アタシは狼谷良子かみや りょうこというんだ。あんたを殴っている奴は、島正しま ただし、うちの若頭だけどね、別に覚えとかなくてもいいよ」

「狼谷? 狼谷会の女か?」


 俺が所属する組織ではない。

 狼谷会は、うちのような構成員が五千人以上いる所とは違い、百五十ほどの規模でしかない。巨大組織の傘下に入ったり、友好関係を築くことのない、アウトローの中のアウトローという、ちょっとかっこ悪いフレーズを持つ集団だ。荒っぽいことで有名で、以前にトラブルをおこし、ひどいドンパチをやらかしたことがある。うちの組も、狼谷会の縄張りで面倒を起こすなと、命令を受けているほどだ。


「なるほど、聞いたことがあるな。狼谷会のドンはやり手の女房がいると。あんたがそれかい? お目にかかれて光栄だぜ」

「なにが光栄だ、礼儀ってもんを知らんのかっ!」


 殴られすぎて、痛みが麻痺してきた。


「知らんねぇ」


 俺は手首を動かした。短剣を出す。少し動かしただけで、あっけなくロープが切れた。手を放し、短剣を直ぐに消した。


「教えてくれるとありがてぇぜ」

「きさま!」島も後ろの奴も、俺の体が自由になったのに気づいていない。「たっぷりと教えてやるよ!」


 パンチが飛んだ。反撃を予想してない、隙のあるパンチだ。頭を後ろにやり、それを避けた。腰に体重をかけて、蹴りを入れる。思いがけぬ反撃に、島の体がよろけた。

 後ろの男が、両手で俺につかみかかった。パンチを出した。顔面ヒット。気持ちよく倒れてくれた。


「お返しだ」


 体を回して、ジャブをとばした。

 当たらない。

 島は、手でキャッチする。


「どうやってロープを切った?」


 すごい力だ。拳が砕けそうになる。力勝負では太刀打ちできそうにない。


「こうやってだよ」


 心の中で、グレートダギャーソードと唱えた。掴んだ手から、短剣が飛び出す。


「くっ!」


 突如現れた刃物に、島は素早く手を放した。手のひらに、血の線ができあがる。


「生命線が大きくなったんじゃないかい?」

「ふざけんな!」


 良子をねらおうとするが、組員たちの動きは敏速だった。すでに二人の男が、姐さんの前に出ていた。拳銃をこちらに向けている。


「赤沢といったね、その勇気は買ってやるよ。勇気だけはね」良子は言った。「だけど、無謀すぎるようだねぇ。早死にするよ」

「死後の世界を見てみたいのさ」


 口元だけで良子は笑った。


「うちの組に欲しいねぇ、鉄砲玉としてさ」皮肉を言ってから、折り畳み式パイプ椅子を、くいと顎で示した。「今なら許してやるから、椅子に戻りな。そうでなきゃ、大好きなお嬢ちゃんたちをどうにかしちゃうよ」


 目線を合図に、組員の一人が村雨の刃を、澄佳の首に突きつける。

 美桜も、もう片方の男に、ギロチンにかけられるように、後ろから首を押さえつけられている。

 顔はこっちを向いている。目線が合うと、俺の思考を読んだように、小さくコクンとうなづいた。


「好きにしろ」

「なんだって?」

「好きにしろといったんだ。やんねぇなら、こっちがやってやるぜ」


 短剣を出した。投げる。男に当たる途中で、剣が消えた。こういう欠点があるのかと、今になって気付いた。だけど、不意をうつ効果はあった。二人とも、猫騙しを食らったようになっている。

 駆けた。

 パルプ椅子の座面に足を乗せて、澄佳に向かってジャンプする。

 村雨に手を掛けた。両手でつかみ、強引に引っ張る。刀を持つ組員は抵抗する。澄佳の頚部スレスレで、刃が上下に動いていく。何度か澄佳の首に当たり、傷が出来上がっていたが、血は出てこない。

 遠慮はしなかった。

 俺は村雨を振り上げて、澄佳の首をはねた。

 骨を感じない、ステーキを切るような感触だった。


「ギャアっ!」


 悲鳴をあげたのは澄佳ではなく、組員の方だ。村雨の柄頭でちょっと小突いただけで、腰が抜けたのか、へなへなと尻餅をついた。


「き、ききき、きさま、じ、自分のい、いも、な、なななな、なっ!」


 イカレたと思ったのだろう。男は美桜を盾にしながら、しゃっくりを繰り返すように発音できなくなっていた。

 俺は上から落ちてくる澄佳の頭をキャッチする。


「大丈夫か?」

「目が回るー」


 澄佳が声を発すると「ひぃっ!」と悲鳴をあげた。


「澄佳、すまん!」


 俺は、澄佳の頭を男に向かって投げた。顔面にぶつかった。男は美桜から手を離すと、よろよろと何歩か後ろに下がっていき、水槽に後頭部をぶつけていった。

 美桜は、澄佳の頭を両手でキャッチする。


「あなたね、澄佳になんてことするのよ」

「投げやすかったんでね」

「澄佳、痛くなかった?」


 美桜は、ふらふらとしている澄佳の胴体に頭を乗せた。跡も残らず、接着剤のように、ちゃんとくっついた。


「目ー、ぐるぐるするけど、大丈夫や」澄佳は顔をまっすぐになるよう調整する。「歯医者で麻酔うたれてキュイーンされるような痛みや」

「最悪な痛みじゃないか。申し訳ないことをした」

「ほんとよ。実の妹にこんなことするなんて、なんて外道なお兄さまなの」

「おまえがそう指示したんだろ」

「首をはねて、それを投げろ、なんて言ってないわよ」

「姫さんにお兄さまと呼ばれるのは最高だぜ。今後も続けてくれ」

「お兄さま。澄佳をください」

「やらんから、お兄さま言うな」


 良子の方を見る。彼女の顔に変化はない。時間が止まったように、じっと俺たちを見ている。


「形勢逆転だな」

「そいつはどうかねぇ、状況は変わってないよ」


 良子の前にいる二人の男は、拳銃を向けたままだ。

 美桜が前に来る。

 ブツブツとなにやら呟いきながら、アンダースローのように、手を前に出した。花粉のような、粉っぽいものが男たちに飛んだ。

 手にした拳銃が、ストンと地面に落ちた。

 組員は銃を持ち上げようとする。上がらない。磁石で地面にくっついたかのようだ。四股を踏むように両足を開き、両手を使って上げていくが、手がガクガクと震えていた。

 耐えきれなくなって、再び銃を落とした。


「これで形勢逆転」


 形勢逆転の言葉を使いたかったようで、珍しいことに、ほくそ笑んでいた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!