22・そんなことになったら、私は泣く


 通りの駐車禁止区域に、戦車や装甲車など、陸上自衛隊の乗り物が並んでいた。

 壮観だ。

 一台、一台、時間を掛けて観賞したい気分だ。


「気前がいいな。戦車を貸してくれるのか?」

「いやいや、乗るのはこっちですよ」


 目的の乗り物はその後ろにあった。廃車置き場から逃れてきたようなオンボロ車が、隠れるように止まっていた。

 トヨペットのコロナ。

 1970年代製造のクラシックカーだ。


「素晴らしい車でしょう。この年になると、言うこと聞かない古女房が可愛くてしかたない」


 三田村さんの車だった。彼は、ピクニックにいく子どものように、いそいそと運転席に乗り込んだ。


「さあ、乗って下さい」


 ぐるぐると、手動で窓ガラスを開けて顔を出す。


「後ろへどうぞ。最悪な座り心地がたまりません。食べ物に例えると、日の丸弁当といったところです」

「カーチェイスに、向きそうにないわね」

「そんなことになったら、私は泣く」


 苦笑を浮かべるが、目は本気だった。


「鏡明くん、ちょっと待って」


 リアドアの取っ手に手をかけると、響歌さんが両手に日本刀をかかえて追いかけてきた。

 後ろには不機嫌なままの姉がいる。


「気をつけてね」

「はい。必ず、澄佳を連れて戻ってきます」

「三田村さん、二人をお願いします」

「逃げるのは得意ですので、お任せを」

「なんで、戦うのが得意なあたしがいっちゃいけないのよ?」


 姉も行くつもりでいたが、響歌さんに止められていた。


「十年ぶりに変身したじゃない。体に支障が出てないか、調べたほうがいいわ」

「その言葉、聞き飽きた。ちょっとぐらいなら平気だってば」


 心配性なんだからと、ブツブツ不平をこぼす。


「万が一のために武器が必要となるでしょ。鏡明くん、これを持って行きなさい。研いでもらったから、切れ味が戻っているはずよ」


 両腕で抱えていた、日本刀を差し出した。


「感謝します」


 俺が使っていたものだ。

 どこから発見したのか、消失した鞘に収まっている。


「この刀って、村雨よね?」

「村雨?」

「ええ、篠崎さんのものでしょ?」

「あいつの屋敷から取ったものですから、そうかもしれません。篠崎黒龍を知っているんですか?」

「篠崎さんって、まさか?」


 姉が反応する。


「ええ、りんこのお父さん」

「そっか、だから、あたし、これを知ってたんだ」


 辛い思い出があるのか、苦しげに胸に手を添える。


「篠崎さんは、魔法少女を知る数少ない人なの」


 話すべきと思ったようだ。俺に向かって口を開いた。


「りんこはね、私たちと同じ魔法少女だった」

「他にも魔法少女がいたんですね」

「ええ。世界を守るために、共に戦った仲間は他にもいる。生き延びたのは、ほんの僅か。悲しくもりんこは、その例外になれなかった。闇の者によって、殺されてしまったわ。篠崎さんは復讐を誓った。けれど、人間の力では、闇世界の魔物を倒すことができない。自分が無力なのを悔しがっていた。それで、光の世界の精霊たちが、この刀に光の力を与えたのよ」

「普通の日本刀じゃなかったんですね。どうりで斬れ味がいいわけだ」


 刃こぼれしないから不思議に思っていた。


「ちなみに、村雨というのは?」

「日本刀といったら村雨でしょ?」

「やっぱ、あんたか……」


 姉貴が勝手に付けただけで、妖刀村雨との関係はなかった。


「りんこの仇は取ってやったわ。あたしと一緒に、村雨で、ざっくりと!」


 姉は、上に向かって突く仕草をして、当時を再現した。二人で刀を持ち、上から攻撃の敵を刺したようだ。


「篠崎さんもゾンビになったのね。あの人なら、生き延びると思ってたのに」

「ガン、だったそうです」


 ショックを受けていた。


「そう。知らなかったわ」

「それで、イッヤーソンに体を乗っ取られてしまいました」


 俺は頭を下げる。


「申し訳ありません。俺は、篠崎を斬って、殺しました」

「いえ、むしろ感謝してるわ。篠崎さんはきっと、鏡明くんに村雨を託したのね。これで、自分を斬って欲しいと……」

「かもしれません」


 きっとそうなのだろう。

 日本刀が目に入ったとき、使って欲しいとばかりに輝いていた。だから俺は村雨を握った。

 それで、命が救われた。


「今頃、天国で、りんこと再会しているでしょうね。ふたりで笑っていてほしいわ」


 響歌さんは目を瞑る。

 黙祷。


「……ごめんなさい」


 唇から小さな声が漏れた。

 助けられなかったことへの謝罪。

 篠崎黒龍、娘のりんこ、両方に向けて。

 そんな響歌さんを姉は抱きしめる。響歌さんは、姉に自分の体を預けた。肩が震えた。大きくなった。

 きっと二人は、こうやって支え合うことで、苦しみを乗り越えてきたのだろう。


「大事に使わせてもらいます」


 心の中で、冥福を祈った。

 篠崎黒龍。

 名前ぐらいしか知らないが、義理と人情で厚い人だったのは分かる。家族に等しい組員たちに慕われていたことだろう。なのに、体を乗っ取られ、組を潰されるという、無様な死に様を迎えてしまった。

 さぞ無念だったに違いない。

 仇を取る。

 この刀で、イッヤーソンを必ず倒す。

 俺は、そう誓った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!