魔法香る街へようこそ!

作者 吉野茉莉

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

こんなにも素晴らしい児童小説なら、可愛いイラストの挿絵付きで出版化されていてもいいのでは!? というか、してほしい!
そう強く思わせるような、素敵なファンタジーで溢れた物語でした。
(調べてみたら、Amazonのkindleで販売されているじゃないですか! でも、やっぱり紙の本を手元に置きたいよー!)

物語の前半は、「魔法の残り香」が原因と思われる不思議な現象、謎の転校生の出現などが、これから不穏なことが起きることを予感させ、読者はドキドキさせられます。

そして、街の真実の歴史や魔法石の誕生の秘密が判明した後の物語後半では、主人公たちが街を救うために行動を開始し、息つく暇のないストーリーが展開します。魔法を使うシーンなんて、かなりのワクワクもの!

こういう宝石箱のように面白さがつまった物語こそ、たくさんの子供たちに読んでもらいたいと児童小説好きとしては切に願います。

あと、最後らへんのやりとりを見て「主人公と転校生(その正体は物語を読んで確認してください)はもしかしたら恋愛に発展するのでは?」と個人的に思ってしまったのですが、どうなんでしょうか……?
その後の主人公たちがどうなったのか、すごく気になります……。