第256話 一日の終わり

「ただいま~……」

「やっと帰ってきましたね。」

フラフラと勝手にどこかに行っていたリュリュは、またフラフラと戻ってきた。


「どこに行ってたんだ?」

「ちょっと自分を見つめ直しにね……はぁ……」

俺の顔を見て、溜息を吐きやがった。腹が立つ。


「あれ?サーカス団のみんなは?」

「先に行ったわよ~。バッガさんの様子も心配だからって。」

ゲイル達は自分達がいた宿に荷物を取りに、その後はバッガと合流して、街の

外に出るそうだ。

あんな事があった街にいつまでも居たくはないだろうからな。


「それにしても私達、大丈夫なんでしょうか?」

「何がだ?」

「いえ、その、国王候補とはいえ、大暴れしちゃったじゃないですか?

いくら何でも処罰が無いのはおかしいなと思って。もしかして、後で

とんでもない事になったりしないかなと。」

「やめてよ、もうあんな疲れるのはコリゴリだよ。」

フィルがうんざりというような顔で言う。俺もあんな面倒くさいのはゴメンだ。

クズの顔も見たくないしな。


「それなら多分、大丈夫よ。」

「どういう事だ?」

「国王もバカ息子だろうと、子供に甘いって事よ。」

詐欺師の言ってる意味がよくわからん。


「つまりね、詳しく追及しないで上げるから、見逃してあげてほしいっていう

遠回しのアピールよ。」

なるほど。それで、詐欺師がまだ気付いてないのかと質問したわけだ。

「さすがにアレを野放しにはしないだろうから、いろいろと制限をかけるだろう

けど、見殺しにするよりはマシだって思ったんでしょうね。」

「そうか……」




俺達は喋りながら歩き、泊まっていた宿に戻ってきた。

「だあああぁぁぁ!疲れたぁぁぁぁ!」

何故か、詐欺師も一緒に。


「おい、お前は戻らなくていいのか?」

「私、もう巫女じゃないもんね~。」

そういやそうだった。今更戻っても、向こうからしたらいい迷惑か。

俺は、ずっと抱えていたサーシャをベッドに降ろして、軽く汚れを払ってから

布団をかけてやる。

流石に風呂なり、着替えなりはもう無理だろうからな。


「じゃあ、みんな明日に備えて寝ようか。朝一ですぐに出発するよね?」

「そうですね。」

「長居しても、良い事なさそうだし。でも、その前にお風呂入っちゃいましょ~。」

そう言って、フィルとスターナは別の部屋に行く。


「私もお風呂に行ってきます。」

「あ、付いてくわ。」

脳筋と詐欺師も後を追うように部屋を出ていく。

今日は色々とありすぎて疲れた……この街に着いてから短い期間だというのに

ストレスが溜まるだけだったな。さっさと次の街、いや国か。そこに

向かうとしよう。

そうして俺はベッドに横になって目をつぶった。





「リュリュさん。」

「ん、なぁに?」

風呂上がりの水を飲んでるリュリュに、アリアが話しかける。


「好きなんですか?」

「ごぶぁはぁ!げほっ!」

その質問に盛大に口から水を吐き出しむせる。


「な、なにが、っていうか誰が!?あれは成り行き上で仕方なく!」

「……勇者殿がとは一言も言ってませんけどね。」

単純な引っ掛けにかかり、固まるリュリュ。

「も~……またですよ、またですか。もう本当に……」

「あの、アリア……」


少し怖くなり、ブツブツ呟くアリアを止めようとしたが、キッと睨まれて

また固まる。

「いいですか、今回はあくまで仕方なくですからね!本当に結婚するのは

私ですから!」

そう宣言したアリアの後ろから、さらに声が聞こえる。


「あら~、私もお嫁さんになりたいんだけど~。」

「もう!だからみんなして……!」

その夜は、女性陣がしばらく騒々しい夜を過ごしたという。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます