第254話 予想外すぎて

「はぁっ!?ほう、放棄ってお前、出来る訳ないだろ!」

クズが喚いて、周りの困惑の声が強くなる。


「この国での巫女の重要性は知ってるだろ!」

「知ってるわ。」

「だったら!」

腕を斬られ、出血も激しかったはずなのに、ギャーギャーとうるさいなんて、

無駄に根性あるクズだな。


「アンタなんかと結婚?虫唾が走るわ!絶対イヤ!」

「父上からも何か言ってください。」

ついに婚約者まで親頼みか。どうしたもんか。


「リュリュよ。さすがに我がままが過ぎるぞ。巫女とは勝手に辞められるもの

ではない。」

国王の言葉にニヤリと笑う詐欺師。




「じゃあ、こうするしかありませんね。私、リュリュ・ヴェルグラディアは……

ジュギャアを夫として愛する事を誓います!」

「は?――んっ!」

いきなり詐欺師にキスをされた。


「――ふぅ。精霊王達も祝福していただけますか?」

《ぬ?あぁ、そういう事か。もちろんだ!》

《おめ~♪ヒューヒュー!》

《まぁいんじゃね?》

《あ、えっと、おめでとうございます!》

《まさか、そういう関係だったとは……やるわね!》


「「「はあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」」」

俺の口から自然と叫びが漏れたが、脳筋とクズとハモった。

「ちょっと待て、どういう事だ!?」

「そうです!勇者殿と結婚ってなん、何なんですか!?」

無視して詐欺師が国王の方を向く。おい!


「陛下、そういう訳です。」

「バカな!?そんな勝手に結婚出来る訳ないだろ!こんなの無効だ、無効!」

「アデント、この国で巫女と結婚するにはどうすればいいんだっけ?」

「それは、両者が愛を宣言して、精霊王達に認め……られれば……」

その言葉に勝ち誇った顔をする詐欺師。


「どう?今、精霊王達は認めてくれたわ。むしろアンタとの結婚なんて

許してくれないんじゃない?」

《却下だ。》

《はんた~い。》

《無理な。》

《……ごめんなさい。》

《生理的に受け付けないわ。》

確かにその条件ならタイミングは今しかない……契約の指輪とやらを

付けてないから強制力がない今しか。だが、俺を巻き込むな!


「巫女と結婚した男性が国王になるなら、ジュギャアを国王にする訳に

いかないし、私を巫女を降りるしかないわね。」

「……そ、そんな物、儀式する時だけの決まりだろ!それに男の方が愛を

宣言してないじゃないか!」

当たり前だ、そんなのしてたまるか!


「それは大丈夫よ。口に出さなくても愛してくれてるもの。その証拠に、

これを見なさい。」

詐欺師が取り出したのは、俺が渡した花。

「ゆ、勇者殿、リュリュさんにピアの花を渡したんですか!?」

脳筋の慌てよう……嫌な予感しかしない。


「ワタシも勇者ちゃんがリュリュちゃんに渡すところを見てたわ~。」

「もうダーリンったら恥ずかしがり屋だから、言葉で伝えるのが苦手で~。」

ダーリンって誰だ……?ヤバい頭が回らなくなってきた。


「脳筋……ピアの花って何だ……?」

「……婚約や結婚に使われる花です。」

前に聞いたような……




”それでですね、教会で神父様に祈りの言葉を捧げて貰うんですよ。

そしてお互いが相手の胸元にプロポーズ用の花を挿します。”




あの花の事かよ!そんな事、今知ったに決まってるだろうが!

周りも騒然とする中、国王の声が響き渡る。


「今回の件について、処分を言い渡す!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます