第242話 嫌な予感

「勇者殿とスターナさん、いつぐらいに戻ってくるんですかね?」

「結構、遅くなると思うである。」

「……いや、っていうか二人は何で落ち着いてるのさ?」

フィルが二人に問いかけるが、問題でも?と言わんばかりの顔で返される。


「神殿に侵入するって信じられないんだけど。」

「お二人なら大丈夫かなと思いまして。」

アリアの能天気な答えに溜息しか出ないフィル。


「そういう問題じゃないんだけどな……ボク、ちょっとお酒買ってくる……」

「あ、じゃあ私もついでに行きます。今の内にご飯買っておかないと。」

なんとなく、酔いたい気分になったフィルは酒を買いに、アリアは晩飯を

買うために出ていった。

サーシャは街を出歩かないでくれと次哉とスターナに言い含められていたため、

部屋で一人、留守番をするハメになった。


「退屈である……」

特に何もやる事がなくなったサーシャは、一人部屋でぼやいていたが、隣の

部屋から声が聞こえてきた。最初は特に気にもならなかったが、その内容に

耳を傾けざるを得なくなり、聞き終えた後……



「ただいま戻りました。……ってあれ?サーシャちゃん?」

「いないね。トイレとか?」

部屋にサーシャの姿はなかった。






その声が聞こえてきた時は、サーシャ一人しかいなかった。

フィルやアリアが戻ってくるのが、いつになるかわからなかったので、

ついつい飛び出してしまったのだ。


”あ~あ、あのサーカス団も可哀想に。獣人が気に食わないから処刑したかった

だけだぜ、あれ。”

”ま、そうだろうな。確か今日の夕方くらいだっけ?”


自分の気のせいだったら、どんなにいいか。

そう思いながら走るが、この不安は的中するんじゃないかという、予知めいた

確信もあった。だから全速力で走り抜ける。


「はぁ、はぁ……ここであるか。」

しばらく走った後、辿り着いたのは街から離れたところにある、自然の地形を

使った牢屋。その名の通りに罪人を閉じ込める場所だが、どうやらここに彼らが

居るという。


まずは眠り薬を風に乗せて、門番の前に運ぶ。効果は即効性があるので、応援を

呼ぶ暇もなく寝こけてしまう門番。サーシャは中に入っていき、探索する。

複雑な道順を頭に入れながら、巡回をする看守は先ほど同様に眠らせるか

やり過ごしながら奥へ進んでいく。もちろん捕まってる人達も騒がないように

眠らせている。


どれくらい探索しただろうか?奥深くまで潜り込み、自分の勘は外れていたんじゃ

ないかと思って、引き返そうかと思ったその時、

「あれ……もしかして?」

その聞き覚えのある声に振り返ると、やはりいた。


「何で、君がここにいるんだ?早く戻りなさい。」

ゲイル率いるサーカス団が、牢屋に閉じ込められていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます