第182話 洞窟内の敵

俺達はイフリートと会う事の出来る洞窟の前へと着いた。

「うわぁ。洞窟の前でも、凄い熱気が伝わってきますね。」

「奥は溶岩が流れてるくらいだからね、だからこその装飾具だよ。」

フィルの父親に借りた装飾具は【炎の祈り】と呼ばれていて、身に着けると

熱による体力の減少を、ある程度は防いでくれるという。


「仮にも王と言われるヤツが、こんな洞窟に住んでるのもおかしな話だがな。」

「別に住んでるわけじゃないよ。精霊王はそれぞれの属性の力が集まる場所に

現れる事ができるってだけ。」

「そうなのか?」

溶岩が流れてるような場所だから、火の属性の力が強く、イフリートが姿を

見せるっていう事でいいのか?


「まぁ、ここで話しててもしょうがないわね。ちゃっちゃと入りましょ。」

詐欺師のセリフに全員が歩き出し、洞窟の中に入る。




「装飾具の効果ですかね?熱いのに汗一つかかないのは。」

「そうだよ。これが無かったら、奥に着くまでに干からびてるんじゃないかな?」

物騒な洞窟だな。


中に入ると、思ったよりも明るかった。その理由は、岩の隙間などから火が

吹き出ていたからだ。

俺達は、整備なんてされているはずのない、歩きにくい道をひたすら進むだけ。

フィルに聞いてみたが、奥まで十日以上はかかるという大迷宮だそうだ。


しばらく歩き続けていると、唸り声が聞こえてきた。

「ウ~……」「グルルル……」

「早速、お出ましだね!」

体中に火を纏った犬が十数匹、こっちを威嚇してくる。


ヘルハウンド Lv15

HP:346  MP:0  ATK:68  DEF:59

INT:13  MGR:23  DEX:60  LUC:27

スキル

【火の守り】


こいつらに火は効かないか。だが、特殊な攻撃は特にしてこないようだから、

物理攻撃にさえ気を付ければ問題ないな。

「動きにだけ気を付けろ、そうすれば問題ない。」

俺のセリフとともに、ヘルハウンドは襲い掛かって来た。


「ハッ!」「せーのっ!」

「ギャウ!」

俺と脳筋、フィルが前衛で敵を倒す。


「でりゃあ!」「最後尾の子はワタシが片付けるわ。」

「キャイン!」

詐欺師はベル、スターナは魔法が後衛で後ろから敵を倒していく。

サーシャは参加させない。

薬は消耗品で、しかもこの洞窟内だと補充ができそうにないから、最悪の場合を

考えて、なるべく後方待機してもらうように伝えてある。



「終わったか。」

一分経たずに、倒しきった。

「この武器、凄いですね!さすがフィルさんのお父さんが作られた剣です!」

「ふふ~ん、やっぱり?」

フィルが胸を張って、自慢気だ。


「ズギャア、ごめんである……」

「何がだ?」

サーシャが申し訳なさそうな顔をして謝ってきた。


「我が輩、役に立ってないである……」

なんだ、そんな事か。

「気にするな。前に出て、戦えるヤツだけが必要という訳じゃない。怪我や

状態異常になった時に治るって分かってれば、安心して戦闘する事ができる。

そういうバックアップも必要だ。」

「わかったである。」

そうして俺達は洞窟を進み始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます