第173話 次の目的地

「もし貴重な鉱石があるから、それを加工してくれと依頼されたら

受けてくれるか?」

「え、何々、そんなのあるの!?」

フィルがテーブルの上に身を乗り出して、こっちの話に興味を示す。

やはり鍛冶職人としての血が騒ぐのだろうか?


「あるにはあるが、今ここで出す訳にはいかなくてな。」

「ケチケチしないでよ。」

「そういう問題じゃない。」

袋は一回しか使えないと言われたからな。


「アンタ、そんなもん持ってたっけ?」

「気にするな。それよりもだ、鍛冶の腕は確かなのか?」

「あ、馬鹿にしてる。何で他の種族のヤツらは少し背が小さいだけで、

子供扱いすんのさ!」

単純に他の種族だと、子供くらいの大きさだからなんだが……あまり反論すると

ヘソを曲げるから黙っておくか。


「別に馬鹿にする気はない。貴重な鉱石だから、なるべく腕のいい鍛冶屋に

頼みたいだけだ。」

「う~ん、どうしよっかな。ボクも自信はあるけど、どんな物でも加工できるって

思うほど自惚れてないし。」

フィルはしばらく、ウンウンと唸って考えていた。


「そうだ!確かガングルフ王国も回るんだっけ?だったら家においでよ。」

「家?」

「そう、兄貴なら何とかできるかも。悔しいんだけど、鍛冶に関しては天才で、

腕はピカ一なんだよね。しばらく家を放っぽらかしてたくせに……」

凄く複雑そうな顔をしてる。しかし、紹介しようとするところを見ると

本当に仲が悪いわけではなさそうだ。

天才肌の兄……か。


「何があったか分からないけど、この前ふらりと戻ってきてさ、どう?」

「分かった、頼む。」

どうせいつかは加工してもらわなければ始まらないし、職人を探す手間が

省けたと思えばいいか。


「さっきの口ぶりだと、家はガングルフ王国にあるである?」

「そうだよ。ここから八日くらいだね。」

「え、国境ってそんなに近かったんですか?」

「そうね~、ちょうど四日くらいで国境を縦断する町、ダウロがあるわ。」

もう次の王国か。


「う~わ、忘れてた……」

詐欺師がテーブルに突っ伏して、小声で何かを呟いていた。

「どうした?」

「いや、あの、何でもないわ。はぁ……」


どうしたんだ、コイツは?――あ。

「そうか、お前は確か家出したんだったか。」

「うぐっふ!」

「あら、そうなの~?」


どうやら、あまり戻りたくはないらしいが、いつまでも家出扱いという訳にも

いかんだろ。

「いい機会ですから、リュリュさんもお家に帰られては?」

「そうね、そうよね……」

「何だったら、ワタシ達からもフォローしてあげるから。」


そうして二人に言われても乗り気ではなかったが、

「リュリュ。」

「どしたの?」

「家族がいるのに会いたくないとか、めっ!」

「! ごめんね、サーシャに気を使わせちゃうなんて。そうね、近くに寄ったら

顔見せに一回は戻るわ。」

詐欺師はサーシャからの言葉に決断したらしいし、明日からはダウロとかいう

町を目指すか。

しかし、エーディとサベルは悪巧みで仕掛けてきただけで会う事はなかったな。

先に次の国へ入られたか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます