第105話 再びレフィカの城へ

アッセムドゥの姿に思うところがあったらしく、脳筋と詐欺師は城を見て回ると

言い、俺とサーシャも付き合わされることになった。


「ここの壁や柱がボロボロなんですけど……」

「老朽化だろ。」

「血痕もあります。」

「塗料が剥がれ落ちたか。」

「……」


「薔薇がないわ。」

「そうか。」

「そうかじゃないわよ!あんなに綺麗だったのにどこにやったの!」

「そんなもんあったか?」

「どうしてアンタは誤魔化そうとするとき、雑な嘘付くのよ!?」


「勇者殿、正直に答えてください。」

「何があったの?怒らないから。」

何故か俺が悪者扱いされている。腑に落ちない。


その後もずっと問い詰められたが、俺に喋る気がないのがわかると二人とも

諦めた。

事実を素直に告げる訳にもいかないので、サーシャにも言わないようにと念を

押してるし、アッセムドゥは脅してるからバレないとは思う。

ちなみに町の建物の修繕費用、雑務、その他いろいろもお前が責任を持てと言っておいた。


「そんな事より、コイツが協力するって話は済んだからさっさと帰るぞ。」

「いつの間に説得したのよ?」

「いろいろとな。」

アッセムドゥの方を見て殺気を飛ばすと、痛みを我慢しながら凄い勢いで顔を縦に振る。

「ほらな。」

「……」

三人が何ともいえない表情で俺を見てくるが無視だ。


しばらくして、この城のメイドが転移用の魔石を持ってきたので、それを使って

レフィカの城に戻る事にした。

「次の六魔の方のところに行かないんですか?」

「少し聞かないといけない事ができたからな。」

短い会話を終えて魔石を発動させた。



「おっかえり~。どうだった?」

「あぁ、協力してくれるとさ。」

「へ~、あの男が手を貸してくれるなんて珍しい事もあったもんね。」

あっけらかんとした様子で言い放つレフィカの襟首を掴んで影になってるところに

引きずり込んだ。


「ちょっと!乱暴はやめてよ!」

「……やはりお前、アイツのところに行ったらどうなるか分かってたんだな?」

「当たり前じゃない、何年来の知り合いだと思ってるのよ。だって無駄にプライド高いし、 女にしか興味ないし、交渉決裂するだろうなって感じはしてた。」

「どうして俺達を行かせた?」

「いや~。奇跡を信じて?でもほら結果オーライだし、やっぱり勇者様って

凄いね!」


ゴッ!


「いた~い!殴らなくてもいいじゃない!」

涙を浮かべているレフィカの目をジッと見つつ、殺気を送りながら喋る。

「いいか?別に魔王の情報を無理やり聞き出してもいいが、それだと他のヤツらが

文句言いそうだから仕方なく手伝ってやってるだけだ。だがな、気が変わったら

お前が自分から喋りたくなるまで痛めつけるかもしれんぞ?」

「……」

「次から分かってる情報くらい先に言え。いいな?」

「……はい。」

コイツは前科もあるから、三度目があれば容赦なく殴ろう。


「二人でコソコソ、何を話してたのよ。」

「次行くところにいるのは、どんなヤツかと思ってな。で、どんなヤツなんだ?」

「えっと、フレーグベルって言って、その、面倒くさがり屋です。」

「レフィカ様の口調がおかしいんですけど……」

「元からだろ。」


他の情報も含めて聞いてはみたが、そのまま行く気もしなかったので

今日のところはレフィカの城に泊まって、翌日に出発する事にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます