第98話 スターナについて

「ちょ、ちょっと待ってください!下克上って何ですかそれ!?」

「そのまんまの意味よ。」

「そんな事する理由はなんだ?」

「だって、スターナ様が統治すると疲れるんだも~ん。」

疲れるんだも~んじゃねぇよ。


「あの方は真面目に国を治めておられる。だが、この国の王という物はそれだけ

ではやっていけんのだ。」

「どういう意味であるか?」

「この国は好き放題する輩が多い。それもこれも初代国王が

どんな事でも楽しんでやれば犯罪とはみなさない。などという訳のわからない

法律を作ったせいでもあるが。」

「あら、アタシはその法律あってよかったけど。」

殴り足りなかっただろうか?


「この国を治めるには、ある程度は許容しなければならない事も

どうにかしようとして自分で危険に突っ込んでいくのだ。」

「この前はピクシーがガングルフ王国の使者にイタズラしようとして罠を

仕掛けたら、スターナ様が止めようとして罠にはまって瀕死になってたわね。」

瀕死になるような罠を使者に仕掛けようとしたのか?


「他にラミアがお腹空いたからってハーピーを食べまくってたときは、

国民同士で争わないようにって注意してたんだけど、それならもっと美味しい

ものを用意してよって言われて、一人で料理を作りまくったり。」

「五百はいたラミアの腹を膨らますためだけに、政務も放ったらかして

国庫から金を抽出し、自分で炊き出しをするとか正気を疑ったぞ。

しかもその間は我らが王がやるべき仕事を代理でこなす始末。」

多分、人間としてはまともな部類なんだろうが……


「つまるところ、スターナ様は真面目で国を統治するのに向いてないのだ。

そのおかげで我らがどれだけ苦労しているか!あぁ腹が立つ!余計な事をせずに

椅子に座って内政だけを行っていればいいものを!!」

「尻拭いするのが限界に来ちゃって、さっさと次の王になって欲しいな~って

ことで、反逆しようかって話になってるのよ。」

本当に何なんだこの国?


「強いやつを集める理由は?」

「スターナ様も強いしね~。抵抗されたら困るじゃない。」

「ピクシーの罠にはまって瀕死になるくせにか?」

「まぁ本人自体はひ弱なんだけど、魔法使わせたら厄介なのよね~」

コイツがそう言うって事は、この世界でもレベルが高い方なんだろうな。


「と、言うわけで手伝って?」

「いや、そんなお願いされましても。」

「魔王の情報欲しくない?」

「……何か知っているのか?」

「ん~、どうかな~。知ってるかもしれないし~知らないかもしれな~い。」

殴れば思い出すか?


しかし、

「一応、考えておいてやる。」

「勇者殿!?」

「いいの?」

「魔王の情報がなさ過ぎて困っているのは事実だ。反逆だのなんだの言ってるが、スターナとかいうヤツがもう少し立場ってものを考えて行動するように

説得すればいいだけだろ。」

「そう来なくっちゃ!でもスターナ様の強さは本物だから気をつけないとね。」

「問題ない。」

「ふん!一発殴れば死にそうな小物がほざきおる。」


デカブツがいちいち突っかかってくるのは頭にくる。

「今の内に白黒つけておくか。」

「何をだ?」

「俺とお前のどちらが強いかだ。そうすれば、その減らず口も文句を言えなく

なるだろ。」

「ほう?」


その言葉を聞いて、

「勇者殿!」

「面倒事を増やさないでよ!」

「ヅクア、落ち着くである。」

「アタシの城で暴れないでよ!」

外野が騒がしくなったが、


「我と決闘する気か。狂っているとしか思えんが、受けてやろう。

どうせスターナ様に殺されるなら、今死んでも変わりなかろう。」

デカブツは乗り気だ。

よかった、いいストレス発散ができそうだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます