第97話 レフィカの狙い

レフィカのところに戻ると、

「どこ行ってたのよ。さっさと行きましょ~。」

復活していたが、言い草がムカつく。


「で、お前の城とやらはどこにあって、どうやって行くんだ?」

「帰りは簡単よ。これを使うの。」

懐から取り出したそれは、

「魔石であるか。」

「そ。」


レフィカは魔石を高く掲げて、

「んじゃ行くわよ~。」

地面に叩きつけた。


ヒュン!


「ここは?」

「ここが、アタシの城。いらっしゃ~い。」

一瞬で移動したのか。外が見えたので少し覗いてみると丘の上に城が

建っているのが分かった。その丘の麓に城下町、俺達は城の入り口に転移した

らしい。


「あの魔石には転移魔法が込められていたんですか?」

「そうよ。」

「じゃあ港町に来る時もそれを使えばよかったんじゃないですか?」

「魔石に込められる転移魔法はね、一度行った場所にしか行けないように

なってるのよ。あの街、半年前くらいにできたからね~」

面倒くさい国だな、ここは。


「はいは~い。おしゃべりの続きは会議室ででもやりましょ~。」

レフィカが先頭に立って歩き出し、俺達はそれについていく。


「まさか、こんな早く着くとは思わなかった。」

「確かにね~。」

「でも、歩いて向かうよりさっさと来れて良かったである。」

「それもそうだな。」


しばらく歩き続けていると一つの部屋の前で立ち止まった。

「ここよ。んじゃどうぞ。」

レフィカは部屋に入ると、ドアを開けっ放しにしていたので、俺達も

部屋に入った。そこには、

「ぬ?おいレフィカ、まさかこんなひょろいやつらを見込んで連れてきたのか?」

筋骨隆々の大男が、こちらを見るなりケンカを売ってきた。


「そうよ。強かったんだから。」

「どう見ても小物ではないか。これで我らの目的に見合う働きをするとは

思えんな。」

「おい、デカブツ。」

デカブツが鬼のような形相でこちらを睨む。


「今、軽口を叩いたのはキサマか小僧?」

「俺以外に誰か言ったように聞こえたんなら、耳が腐ってるな。頭の中身も

腐ってそうだしな。」

「キサマァ!」

一触即発どころか今すぐに戦闘が始まりそうだったが、

「はい、そこまで!!ダメよ、せっかくスカウトしてきたのに。ラテニヴァも

え~と……ズギャアちゃんも落ち着いて。」

俺の名前がどんどん酷くなっていく。


「ふん!」

鼻息荒くラテニヴァと呼ばれたデカブツが席に付く。

「四人とも座っていいわよ~。」

そう言われたので残りの席に全員腰掛ける。


「それでは、早速なんだけどアタシが武闘大会を開いた本当の目的を言うとね、

強い人を仲間に引き入れたかったのよ。そのために願いを叶えてあげるって

エサも用意したんだから。」

「実際は叶えるつもりは無かったと?」

「できる範囲でなら叶えてあげたわよ~。ただし、さっきも言ったように

仲間を探しているから、断られたら叶えなかったけど。」

それは詐欺じゃないか?


「お前が会場で暴れたのも選手の実力を知るためか?」

「それもあるわね。少なくともアタシと同じくらいの強さの人じゃないと意味が

なかったし。でも、ノリで攻撃したのも本当よ?」

それは言わなくてもいい情報だろ。


「で、結局のところ何がしたいんだ?そこのデカブツもグルだろ。」

「実はね~……


魔王様に反逆して王の座を明け渡してもらおうと思って。つまり下克上ね。」


この世界では俺に厄介事がダッシュで寄ってくるのは何故なんだ?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます