第96話 武闘大会 終了

「おい。」

「う……ここは?」

「お前が武闘大会を開いた会場だ。」

「えっと……あ!」

起きてしばらくぼーっとしていたが、俺の顔を見てはっきり思い出したらしい。


「あなた達強いのねぇ。ね、お願いがあるんだけど。」

「自分のやった事を分かって言ってるのか?」

え?なにが?とでも言いたげに首を傾げやがった。


「大会参加者を全員殺そうとしておいて、よくもそんな態度が取れる

もんだな。」

「だって最初に言ったじゃない。殺しても罪には問わないって。楽しければ

何でもいいのよ。」

……一回、この国を滅ぼした方がいい気がするな。


「それより、ね?聞いてくれるでしょ、お願い。」

「断る。」

「そんな冷たい事言わないで~。」

「とりあえず俺はお前をどうやって躾けようかと考えてるところだ。」

「躾け?そういう趣味があるの?」

コイツ……


「まあまあ、怖い顔せずにアタシの城に来てよ。勇者なんだから人助け

しないと!」

「知ってたのか?」

勇者というフレーズ自体、脳筋以外から聞くのが久々じゃないか?

「ヴァファール国から、それぞれの国に手助けしてあげてって連絡来てる

もの。」

「それなのに襲ってきたのか、お前は。」

「ノリでやっちゃった。」


ゴッ!

「いった~い!頭殴らなくてもいいじゃない!」


ゴッ!ゴッ!ゴッ!ゴッ!ゴッ!ゴッ!

なんか面倒くさくなったので、もうゲンコツでいいか。

「ちょ!やめ!いだ!いだい!」


しばらく殴っていたら、

「うえええぇぇぇぇぇぇ~ん!!酷いよー!痛いよー!」

泣き出した。


「勇者殿、そのくらいにしてあげた方が。」

「詐欺師を狙ったのにか?」

「え?なに?もしかして私のために怒ってくれてたの?優しいのね~

よしよし。」

詐欺師が頭を撫でてきた。



「あっづぁ!ちょっと、あぢゃあ!」

レフィカに炎を出させて火で炙る。

「レフィカ様より酷い扱いですね……」


「焼けるわ~……これ、こんがり焼けるわ~……」

「ヂュヂャ、怒りすぎであるよ。」

いろいろあってストレスが溜まってるんだ。ちょっとくらいいいだろ。


「うっ、ぐすっ。さっさとアタシの城に来なさいよ~。」

「なんで、そんなに俺たちを誘ってるんだ。」

「来てもらわないと目的が果たせないからに決まってるでしょ~、も~。」

お前の目的なんぞ知らん。

「勇者殿、行ってみませんか?」

「そうであるな、次の目的地は六魔の誰かのところであったし。」

「しょうがないか。おい、さっさと泣き止め。」


だが、しばらくレフィカは泣きっぱなしだったので放っておいて

先に町を離れるため、会場裏に置きっぱなしの荷物を取りに行く事にした。


「あ、あんた!」

「ん?誰だ?」

「いや、レフィカ様の攻撃でやられたもんだけどよ。あんたらが、回復させて

くれたって?いやぁ助かったわ。ありがとよ!」


会場裏に行ったら、俺達が助けたという選手に話しかけられて、

「もうこんな目に遭うのはこりごりだぜ。俺は家に帰って家業を継ぐわ。

もし、ガングルフ王国のピッガって町に寄った時は訪ねて来てくれよ。」

そう言って故郷へと帰っていった。


棍棒は買ったばかりでもったいないが、試合用だったし置いていくとして、

荷物はこれくらいか。じゃあレフィカのところに戻ろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます