第92話 武闘大会 サーシャの場合

昼過ぎになり、そろそろ始まろうかという時間になって、

「ここでレフィカ様から説明をお願いしたいと思います。」

会場の方からデカイ声が聞こえた。

「風魔法で声を拡散させてるみたいね。」

そんな使い方もあるのか。


「はぁ~い。みんな元気~?」

ウオオオオオオォォォォォォォォ!!


……頭の悪そうな声と歓声が聞こえる。あれがこの国のお偉いさんで

合ってるのか?


「この武闘大会は暇だから開催してみたんだけど、手は抜かないでね~。

優勝したら願い事とか叶えられる範囲で叶えてあげるから~!」

オオオオオオオオオオ!!


やる気が削がれる……


「じゃあ、ルール説明ね。一対一の勝負で、武器はなに使ってもOK。

殺しちゃっても罪には問わないわ~。」


何気に恐ろしい事もサラッと言うあたりは、さすが無法地帯の国といった

ところか。


「試合は完全に決着が付いたり、アタシが止めるかした時点で終わり。

向かい合ったら試合を始めていいわ。それ以外のルールは特にない感じで

よろしく~。」

「以上、レフィカ様からのお言葉でした。」


「レフィカとやらが止めた時点で終わりってどういう事だ?」

「そのままじゃない?こんだけ人数多いし、時間見ながら適当に

止めるんじゃないかしら。」

「しかし、まさか殺しがOKとは思わなかった。三人とも危なかったらすぐに

降参しろ。腕試しで参加させただけだし、なんなら今から不参加でも

構わんぞ。」

「大丈夫です。参加するだけはしてみます。」

「そうか。」

何事もなければいいがな。




「最初の試合はサーシャ対ヴェルヴェラ!」

いきなりか。

「サーシャ、気を付けろよ。危なくなったらすぐに降参しろ。いいな?」

「大丈夫である。行ってくるである。」


そうしてサーシャは会場に向かって歩き出した。

参加者も裏から見れるように二階席が用意されていた。

俺と脳筋と詐欺師は二階に行き、試合の様子を観察する。


サーシャが会場に出てきた後に、続いてヴェルヴェラと呼ばれたヤツが

出てくる。

「アレはなんて言う種族だ?」

「人猫ワーキャットですね。動きが素早く鋭い爪や牙を攻撃に使います。」

会場で二人が向かい合う。




「はぁい、おチビちゃん。いきなりなんだけど、弱い者いじめって

したくないのよ。さっさと降参してくれない?」

「嫌である。」

「でもねぇ、おチビちゃんに勝ち目はないわよ?」

「そんな事はないである。猫系の獣人なら古今東西、昔からの必勝法が

あるである。」

「なんですって?」


会場内を見渡してみると、約50×50mの土を敷き詰めて整地された場所が

あるだけ。

その外にレフィカの席があり、さらにその後ろで観客がひしめいてる。

相手とは大体、20mは離れている。

バッグを探しあの薬を探して、と……あった。


「舐めたセリフを吐くじゃない。じゃあやってみなさいよ!」

言い終わった瞬間に凄いスピードでこちらに走ってくるけど、それより先に

ビンに入った薬のふたを開けてあたりにばら撒く。


人猫は構わず突進してくるが、

「ニャッ!?」

薬――マタタビを吸った瞬間、怯んだ。


「ニャニャニャニャ!?にゃにしゅんにょ!!」

さすがおじいちゃんが配合を考えた薬。効き目が速攻だね。

「どうするである?」

「こ、こんにゃみゃけきゃちゃしゅりゅにゃんてぇ……!」

「もう呂律が回ってないであるよ。」

「み……みゃー♪」


人猫がたまらずゴロゴロし始めた。もう完璧にマタタビの虜になったみたい。

「だから必勝法があるって言ったである。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます