第81話 リュリュとの会話

サーシャに櫛を当てる作業も終わって他にやる事はあるかどうか

考えていると、脳筋が話しかけてきた。

「勇者殿、脱出はしないんですか?」

「どうもできんと言わなかったか?それにまぁ変なヤツ等じゃなさそうだしな。」


船の中、船長の態度、船員の規律を見る限りはしっかりしてたし。

「それに、じっとしてないとアイツもどうすりゃいいか分からんだろ。」

「アイツ……リュリュさんですか。」

「多分、その内に助けに来る気でいると思うぞ。」

「そうですね。」


時間も深夜になる頃、脳筋がベッドの上、サーシャは俺が抱きかかえて

それぞれ睡眠を取っていた。

サーシャに一つしかないベッドを譲ろうとしたのだが、俺と一緒でないと嫌だと

頑なに拒否されたせいだ。


窓には鉄格子がはめられて、その隙間から月光が差し込む。

「こんな状況じゃなけりゃ、こういう静かな夜も嫌いじゃないんだがな。」

すると光の中に影ができた。

「リュリュちゃん、ただいま参上~!」

「来たか。」


詐欺師がやっとお出ましだ。

「ありゃ?二人とも寝ちゃった?緊張感ゼロだね。」

「そんなに心配しなくても良さそうな相手だったからな。」

「そっか。ふあ~あ……」


あくびをする詐欺師。

「眠いなら今の内に眠っといたらどうだ?明日はどうなるか分からんしな。」

「ん?心配する相手じゃないんじゃないの?」

「未来が分かる訳じゃなし、何があるか分からないんだから

備えとくに越した事はないだろ。」

「そだね~。」


そう言って俺の腕に乗っかる。

「おい、ベッドはあっちだ。」

「知ってるわよ。でも、何かあそこで寝ちゃいけないって第六感が……」

コイツらはどんどんトラウマが増えていく仕様なのだろうか?


「という訳だから、ここで寝かせてよ。」

「仕方ないな。」

「あれ?やけに素直じゃない。いつもだったら知った事じゃないとか

言いそうなのに。」

「言って欲しいのか?」

「まさか。」


しばらくして詐欺師が話しかけてきた。

「ねぇ、アンタって変よね。」

「お前に言われたくない。」

「馬鹿にしてるんじゃないわよ。……アンタって人があまり好きじゃないでしょ。」

!? いきなり何を言い出すかと思えば……


「今までの言動で分かるだろ?」

「ん~、そういう事じゃなくてね。何かもっとこう根本的なというか……

周りの人達になるべく関心を持たないようにしてる感じね。」

コイツ……


「それなのに変なところで律儀だし、困ってる人がいたら助けるし……

今回の事だってそうよ。本当に関心を持ってなかったら誰が傷ついても、死んでも

自分に影響がない限り放っとくはずだもの。」

「何が言いたい?」

「簡単な事よ。私はそんなアンタを案外気に入ってるわ。多分、アリアもサーシャ

も同じ考えじゃないかしら?だから一緒に旅をしてる。こんな短い間なのに、

随分親しくなった気がするわ。」

「……そうか。」


リュリュが顔を覗き込んでくる。

「だからね、不安な事があったら頼っていいわよ。仲間なんだし。」

「何で慰められたような感じになってるんだ?」

「気付いてないだろうけど、寝てるときのアンタの顔って凄く苦しそうになる時が

あるのよ。そりゃアンタは強いから一人で大体の事ができるだろうけど、

それでも限界があるわ。そんなどうしようもない時に助け合うのが仲間じゃない。」


「……なんで急にこんな話を?」

「何でかしらね?珍しく素直だったからちゃんと話してあげたくなったのかも。

ふあ~あ……あくび二度目だわ。それじゃおやすみ。」

そう言って眠りに付いた。


「まさか、コイツにそんな事を言われるとはな。」

仲間……か。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます