第68話 イオネ王国へ

「買い物も済ませとかないとな。」

「そうですね。」

「じゃあ、それぞれ必要な物を買って宿に集合とかでいいんじゃない?」

「賛成である。」

そうしてバラバラに買い物をする事にした。


俺は本屋に向かう事にした。

前に川に落ちた時、勉強用の本がダメになってしまったが、

ミルズ村に本屋はなかった。

「ここか。」


なるべく子供用の読み書き練習用になる本を探す。

「文字の書き方や単語はあらかた覚えたから……軽い文章を書けるやつは、と。」

不思議な事に勉強した内容は頭にすぐ入ってきて、忘れる事はなかった。

この世界に来た時、状況にすぐ馴染んだのと同じ現象だろうか?


「絵本か。」

子供用の本を見つけた。

「勇者の冒険……」

「お子さんへのプレゼントかい?」

店主に話しかけられた。俺に子供がいる風に見えるのか?


「いや、文章を書く練習用だ。」

「アンタのかい。文字を書けないとは珍しいね。まぁちょうどいいんじゃないか?

昔の勇者様が魔王を倒すまでのお話を子供用にまとめたんだよ。」

「いくらだ?」

「12銀貨。」

俺は金を払って本屋を後にした。

他にも必要な消耗品や食料などを買って宿に戻った。


「ただいま戻りました。」

「ふぃ~、疲れた~。」

「結構、買ったである。」

三人も帰って来たので、イオネに行く準備をして宿を出る。


「また来てくれよ。」

「わかったである。」

店主との挨拶もほどほどに国境を隔てる門まで来た。


「でっかいわね~。」

「エジオの何倍くらいあるんでしょう?」

確かに無駄にデカい。竜ですら通れそうなデカさだ。


「チュクワ、質問があるである。」

「何だ?」

「サハギンたちはクアーズ王国側に現れたであるね?」

「あぁ。」

「アイツらはなんでイオネ王国側に魔物の群れを出したり、去っていった

であるか?」

理由か……


「多分、陽動じゃないか?」

「陽動?」

「こっち側で騒いだら向こうの警備が手薄になるだろ。そのタイミングで

襲わせたら、被害がもっと拡大するかもと思ったんじゃないか?」

「う~ん……それだけであるか……」

「何か気になるのか?」

「……わかんないである。」

サーシャが何かを気にしていたが、自分でもわかっていないみたいだったので、

会話は終わった。


門の前に来て、向こう側へ行く手続きを済ませる。

「はい、ではもうしばらくお待ちください。」

対応した兵士が席を外した。向こう側と連絡を取るのだろう。


「できるなら、クアーズ王国も見て回りたかったけどね~。」

「そうですね。獣人の方々がどんな暮らしをしているか見てみたくも

ありました。」

「ごめんである。」

「事故だったし、しょうがない。次に来る事があれば観光するのもいいだろう。」


そうこう話してる内に兵士が戻ってきた。

「では、こちらへどうぞ。」

別なところへ案内される。

「あの門を通るんじゃないのか?」

「物資を運ぶ馬車などがあれば別ですが、それ以外は別の場所から通るように

なっています。」

「残念です。通ってみたかったんですが。」


そして、別の扉の前に行き、

「では、お通りください。」

俺達はイオネ王国に入った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます