第65話 サーシャの決意

俺達は建物の修復などを手伝った。

「よいしょっと……ふぅ。」

「瓦礫は大体、片付け終わったか。」

俺と脳筋は道端に転がっている瓦礫の掃除。


「こっちも応急処置程度はしたよ~。」

「あとは専門の人に任せるしかないである。」

詐欺師とサーシャは建物の穴埋めや補強を行った。


「いやぁ、一時はどうなる事かと思ったがね。街も今日か明日中には

何とかなりそうだよ。」

この街の警備責任者に話しかけられた。

しかし、日はほとんど暮れかけている。


「あなた達はもう休んでいただいても結構ですよ。」

「ですが……」

「街を救っていただいた上、復興も任せっきりとなったら

我々も立つ瀬がないからね。」

そう言われた以上、無理に手伝うのもどうかと思い、

後を任せて宿に帰る。



宿の一室に集まり、今後の行き先を決める。

「これからどうしましょうか?」

「あの二人を追ってイオネに入ろう。」

「いいの?クアーズはほとんど通り過ぎた感じになるけど。」

確かに端から端まで移動したから首都にすら行ってないが、

「それでも見逃す訳にはいかんしな。」


するとサーシャが、

「我が輩も行くである。」

と言い出した。


「サーシャちゃん?」

「どうしたのよ急に?」

「急に旅に同行すると言っても、お前の家もあるだろ?」

サーシャは少し悔しそうな顔をして言う。


「街の人たちは優しい人達ばかりである。ハーフの我が輩にも

普通に接してくれたである。

なのに人を困らせたいって理由だけで魔物に襲わせる連中を放っておく訳に

いかないである。」

この街が危険にさらされた事が随分と気に食わないみたいだ。


「俺達の旅は当てもないし、第一、次アイツらに会うのはいつかわからんぞ?」

「それでいいである。」

どうも決意は固いようで説得しようにも無理そうだ。

「勇者殿、こうなった以上連れて行ってはいかがでしょう?」

「そうね、戦闘では尋常じゃないくらい役立ったしね。」

脳筋と詐欺師も連れて行くことに賛成している。


「……お前は近接戦闘はできるのか?」

「我が輩は薬投げる専門である。」

「じゃあ前に出るな。危ないと思ったら俺の近くに寄るか、

無理なら一歩下がったところにいろ。それが条件だ。」

「わかったである。」

面倒見るのが増えたがしょうがない。


「改めて、これからよろしくお願いしますね。サーシャちゃん。」

「よろしくである。」

「一人だけ男がいるから、いろんな意味で気をつけてね~。」

そのいろんな意味を詳しく教えてもらおうか。


「ツヒャと寝ると、おじいちゃんを思い出して心地よいである。」

せめて、呼び方を統一してほしいものだが。

「よかったじゃな~い。お・じ・い・ちゃ・ん♪」



「イヤ~~~!!虫が~~~!!」

サーシャが家で失敗した薬を作ってもらったが効果はバツグンだな。

甘い匂いに誘われて虫が集まってる。虫に。


「食われる~!捕食される~~!!」

「サーシャちゃん、アレの効果を無くす薬も作っておいてもらえますか?」

「面倒くさいであるな。」


しばらく詐欺師の叫び声が聞こえてきたが、30分もすると聞こえなくなった。

ご愁傷様。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます