ルクス・エテルナ

作者 南 伽耶子

光に満ちた最終話に救われる

  • ★★★ Excellent!!!

歴史小説としての重厚なこくと、青春小説の甘酸っぱい味わいを楽しめる名作。

作者さんは私のコメントに毎回丁寧に返信をくださいましたが、その内容からも作者さんが徹底的に足を使って膨大な史料にあたり作品を構築していったことが分かります。それがただ羅列されるだけでなく、物語の中に落とし込まれているのは見事の一言。

また主人公の描き方が巧みです。内側から湧き出るドロドロとした醜い感情と、一途で頑固なほどの清らかさが矛盾なく一人の人間のうちにおさまっている。

ふみ、西堀式部、信士郎など、それぞれ魅力的な登場人物たちの生き様にもぜひ触れていただきたい。

文句なく星3つの素晴しい作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

風乃あむりさんの他のおすすめレビュー 356