ひなげしホイール

作者 杉田うに

続きが書かれることを熱望しています

  • ★★★ Excellent!!!

「マジックリアリズム」のタグに惹かれて読み始めた本作品は、主人公によるコミカルな語り口で展開される幻想譚だ。何処とも知れぬとある地方都市を背景に、ちょっと訳ありの主人公が、これまたちょっと訳ありな世界に踏み込んでゆく魂の彷徨の物語。登場人物は、いずれも饒舌にして寡黙な存在として描かれ、ある種の矛盾を抱えた「舞台上の存在」として描かれている……ように読める。

正直なところ、このレビューを書くにあたっては非常に頭を悩ませている。
公開されているのがまだ第一話のみであり、多くを語れる段階ではないというのもそうなのだが、本作品が放つ魅力的な独自性を、果たしてどう咀嚼すれば巧いこと第三者に伝わるだろうか……かなりの難題である。

言葉を選ばないのであれば、「抜群に面白い物語」だと断言する。
全編にわたって徹底された、この虚実入り混じった奇妙さは非常に心の琴線をくすぐるし、表現一つとってみても、軽妙かつ重厚。生々しくもあり、どこか空虚でもある。はっきり言って「訳が分からない」のだけれども、その「わけのわからなさ」が、眠りに落ちてゆくあの微睡の一瞬のようでまた心地よいという……。うむ、我ながら何を書いているのか全く分からない。

残念なのは、果たしてこれからどういったドラマが紡がれてゆくのか――というところで更新が止まってしまっている点だ。なので、現時点ではあまり多くを語れないのが本当に口惜しい。もし、作者様が再び筆を執り、この作品世界に続きを(願わくば完結を)もたらしていただけたならば、一読者としてとても嬉しく思うものである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

あしゅら男色さんの他のおすすめレビュー 81