ベクトル

今、世界は揺れている。


これまで進めてきた方向性に疑問も持つ者。

それでもその方向性を継続しようとする者。


そんな中で人々は歴史に抗う事は出来ない。

歴史というベクトルに翻弄されてしまう。


これまで進めてきた方向性も一つのベクトル。

それに対する反発が起きるのも一つのベクトル。


あっちへ行ったり。

こっちへ行ったり。


それを繰り返すのが歴史というものなのだろう。


どちらが正しいとか、そういう事ではない。

歴史というベクトルにしか過ぎないのだから。


そして今、世界は揺れている。


これから、何処へ向かうのか。


そのベクトルを感じながらも、

自分だけは見失わずにいたい。


ベクトルはベクトルで、

どうする事も出来ない。


でも、自分が信ずる未来の為には、

貫かなければならないものもある。


それが新たなベクトルへと。

そう信じて。


今は目の前の歴史を眺めよう。


Let's look at the vector!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!