2017年

『何か』

私は小説が書きたい訳でもない。

私は詩が書きたい訳でもない。

私はエッセイが書きたい訳でもない。


私は私の中にある『何か』を書きたい。


その『何か』が分からないから、

小説を書いたり、詩を書いたり、エッセイを書いたり。


もし、その『何か』が分かってしまったら、

私は何も書く事がなくなってしまうだろう。


何となくだけど、そんな風に思ったり。


でも、だからこそ面白い。

小説を書く事も、詩を書く事も、エッセイを書く事も。


分からない事は怖い。

だから知りたくもなる。


でも、知ってしまったら、

つまらなくなってしまう。


私は私の中にある『何か』を書きたい。


その『何か』を求める様に、

小説を書いたり、詩を書いたり、エッセイを書いたり。


もし、その『何か』を知ってしまったら、

私は何も楽しめなくなってしまうのかもしれない。


漠然とだけど、そんな風に感じる。


でも、だからこそ続ける。

小説を書く事も、詩を書く事も、エッセイを書く事も。


分からない事は楽しい。

だから辞められなくなる。


でも、それでいいんだよね。

人生は楽しむ為にある。


私は私の中にある『何か』を書きたい。


だから私は小説を書く。

だから私は詩を書く。

だから私はエッセイを書く。


『何か』が分からないままに、

『何か』を求めて。


I like writing very much...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!