迷子

僕はどっちへ行けばいいの!?


右へ向かえばいいのだろうか。

左へ向かえばいいのだろうか。


それとも他に道があるのだろうか。

何も分からない。


分からないままに、ただただ立ちすくむ、

愚かな僕。


前に進む事も怖い。

後に戻る事も怖い。


何をやっても上手くいかない。

もう、どうしたらいいのか。


それでも次から次へと押し寄せて来る、

選択の機会。


右へ行くのか。

左へ行くのか。


前に進むのか。

後に戻るのか。


何処かへ向かうのか。

此処に立ち止まるのか


その都度、迷って苦しんで、

自分で決めなければならない。


そして決めても決めても、

また迷い続ける。


いつになったら、

この迷路から出れるのか。


何も分からないままに迷い続ける。

『不惑』なんて嘘っぱちだね。


生きている限り、迷ってしまうだろう。


でも、それでいい。

迷う事は可能性だ。


右へ行く事にも左へ行く事にも可能性がある。

そして他の選択にも可能性がある。


その選択が上手くいかない事もあるだろう。

時には後悔する事もあるだろう。


それでも命がある限り、可能性は無くならない。

命がある限り、迷い続ける。


そう。


生きている限り、僕等は迷子なんだよね。

だから迷う事を楽しんだ方がいい。


Eternal Lost Child...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!