再会

以前に過ごした時と比べれば、

永い時を隔てての再会。


君は変わっていた。

僕も変わっている。


それでも以前と変わらない。

君との時間。


そう。


君は変わっていたけど、

何も変わっていなかった。


人としての成長はしていたけど、

あくまでも君は君だった。


それが嬉しいし、

それがありがたい。


でも。


私も変わっていたけど、

変わらずにいれたのだろうか。


僕は君の成長が嬉しかったけど、

僕は君を喜ばせる事が出来たのか。


そうであれば嬉しいし、

そうであればありがたい。


此処まで隔てた時と比べれば、

僅かな時に限った再会。


変わらぬ絆。

変わらぬ想い。


以前とは変わってしまった。

周囲の環境。


そんな変化と不変の中で、

僕と君は再び相まみえた。


そんな奇跡に触れる事が出来た喜び。


それを此処に記す。


The Rejoicing...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!