表現

僕が感じた事。

僕が思った事。


君が感じた事。

君が思った事。


僕がそう感じたのであれば、

君がそう感じなかったとしても不思議ではない。


僕がそう思ったのであれば、

君がそう思わなかったとしてもおかしい事ではない。


そう。

同じである必要はない。

だって僕は君じゃない。

君だって僕じゃない。


迎合は軋轢を生むだけ。

無理矢理に寄せる必要はない。


僕は僕であり、

君は君であればいい。


そして僕は感じる。

それを表現する。


そして君は感じる。

それを表現する。


例えそこに違いがあっても、

それが当然なのだ。


僕が僕である事に理由なんてない。

君が君である事も理由はない。


この世界の移り変わりの中で、

たまたまそうなってしまっだけ。


この世界がそれを望む限り、

そうなる事が決まっていただけ。


偶然と必然が絡み合って、

僕と君は出会った。


そして僕は感じる。

だから君も感じる。


そして僕は表現する。

だから君も表現する。


感じ方も表現も千差万別。

そこに理由はない。


排除は憎しみを拡げる。

だから許容すべきなのかもしれない。


そして僕は思う。

たから僕は表現する。


自分と同じものとの共感。

自分と違うものに対する許容。


そして君は思う。

だから君は表現する。


僕とは違った思い。

僕とは違った表現。


それでいいのではないか。

それがいいのではないか。


違っている事が、

この世界の可能性を拡げる。


It's the Wonderful Difference...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!