登り坂

僕は歩く。

ひたすらに歩く。


何処まで行けるのかはわからない。

とにかく、歩く。


自分の限界を知りたい。

だから、歩く。


じっとはしていられないんだ。

歩いていないと息が詰まりそう。


そして、歩く。

必死に歩く。


本当は今すぐにでも休みたい。

しかし、歩く。


もう、何も考えたくない。

ただただ、歩く。


歩く事こそ、生きる事の様に感じる。

歩いていないと死んでしまいそう。


それにしても、

いつになったら終わるのだろう。

この登り坂は。


歩いても歩いても、

ずっと登り坂。

見渡す限り登り坂。


本当に苦しい。

下り坂になれば、

少しは楽になれるのかも。


そんな風に思ったりもするが、

下り坂には下り坂の苦痛はあるのかもしれない。


ただ、登り坂の苦痛から逃げたくて、

下り坂に対する都合のいい幻想を

抱いてしまうのかもしれない。


そして、僕は歩く。

様々な事を考えながら。


歩く事も考える事も、

もう勘弁して欲しい、と思ったりもする。


それでも、歩く。

それでも、考える。


転んでも立ち上がる。

そして、再び歩く。

そして、再び考える。


息切れしながらも歩く。

足を引きずりながらも考える。


登り坂であろうと何であろうと。

目の前に道がある限り。

いや、例え道が無かろうとも。


I'm Walking & Thinking...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!