僕は誰かを傷付けてしまう。

僕は誰かに傷付けられてしまう。


そして僕が誰かから傷付けられる事で、

誰かを傷付けてしまったりもする。


また傷付いている誰かを見て、

僕が傷付けられたりもする。


なんて僕は弱いんだろう。

なんて人は脆いんだろう。


そして傷だらけの誰かを見て、

ふと、思う。


その誰かの傷の幾つかは、

僕が付けた傷であるのかもしれない、と。


そして傷だらけの自分を見て、

ふと、思う。


僕が受けたこの傷は、

僕が誰かを傷付けてしまった事の証。


僕はこんなにも誰かを、

傷付けてきてしまったんだね。


その事に気づいて傷つく自分。

それがまた誰かを傷付けたりもする。


なんて人は危ういんだろう。

なんて僕は愚かなんだろう。


だけど、

僕の弱さ、誰かの弱さ。

誰かの脆さ、僕の脆さ。

僕の危うさ、誰かの危うさ。

誰かの愚かさ、僕の愚かさ。


何もかもが愛おしく思えたりもする。


そんな自分に気付き、

この世界の逞しさを知り、

この世界の尊さを知る。


Love is Stronger Than Damage...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!