綱渡り

世界がそっぽを向いている。


でも、僕もそっぽを向いている。


お互い様なのかな。

可愛いげがないよね。


でも、それが僕なんだ。

変えたくないし、変えようがない。


それに、

世界中に一人くらいは、

そっぽを向かれている人がいてもいいじゃないか。


世界中に一人くらいは、

そっぽを向いている人がいてもいいじゃないか。


でも、これって、

本当に危うい。


一歩間違えたら、真っ逆さまなのだ。


そんな微妙なバランスが、

心地好かったりもする。


そりゃ、そっぽも向かれるはず。


世界が間違っているわけではない。


でも、僕だって間違っちゃいない。


僕からしか見えない景色を、

この世界は必要としている。


もし、必要としていないのであれば、

早々に削除してくれればいいのである。


そうすれば、もう誰も、

傷付かなくて済む。

僕だって傷付かなくて済む。


だから僕はそっぽを向いてしまう。

だから僕はそっぽを向かれてしまう。


そして、 

傷付きながらも、傷付けながらも、

謳い続ける。


僕からしか見えない景色を、

ただ、ひたすらに。


そうする事で、

こんなにも不安定なところで、

僕はバランスを保っていられる。


一歩間違えたら、真っ逆さま。

そんな危うさを楽しみながら。


やっぱり、世界は間違っちゃいない。


On the Tightrope...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!