子供

僕は昔、子供だった。

君も昔は子供だったはず。


当然ながらに、

子供は小さい。

子供は幼い。

子供は未熟である。


何故、

子供を許容出来ない。


いや、

大人だって未熟だ。


だからか、

子供を許容出来ないのは。


でも、僕が子供だった頃は、

もっと許容されていた。

君が子供だった頃は、

どうでした?


ただ言えるのは、

大人がどんどん幼くなってきて、

子供が幼い事を、

許容出来なくなっている。


こんな我々に待っている未来は、

一体、どの様なものなのだろうか。


ふと、そんな事を思ってしまふ。


The Young Adult...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!